あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

抑止力だけの防犯ブザー

      2015/06/09

こどもに防犯ブザー持たせてますか?

うちの子は学校で配布された防犯ホイッスルと防犯ブザーを持って通学しています。以前は見た目と機能でPanasonicの「ランドセル110番ブザー」を持たせていましたが、結局はなんでも一緒なんですよね。

防犯ブザーが聞こえたら外に飛び出しますか?

僕は窓から外を覗くかも知れませんが、飛びださないと思います。そそっかしいとか近所のひとに思われたくないので。「もう誰か近くのひとが行ったかな」って思うかも知れません。僕みたいなひと、多いのではないでしょうか。

防犯ブザーの音、どんなか分かりますか?

加えて、そもそも防犯ブザーの音を聞き分けられるか微妙です。車のクラクション、警報装置、バイクのホーン、サイレン、飛行機、電車などなど。外は音が溢れています。何か鳴っていることに気付いても、防犯ブザーだと気付かない可能性も低くはないでしょう。

困ったことに誤報も多いんです

ふざけて、または間違って鳴らしてしまったって子、少なくないと思います。僕の近所も小学生が通学で通りますが、毎日誰かが鳴らしてます。それを聞いても「あぁ、また誰か鳴らしている」って思うだけ。なんだか「平和な日常」の一部になりつつさえあります。

結局防犯ブザーには抑止力しかありません

でも、そもそもそういう物なのかも知れません。トラブルにあった時に助けを求めるツールよりも、トラブルにあう可能性を減らすツールの方がいいですよね。そう考えると案外悪くないかもです。名前も「防犯」ブザーですし。

助けを求めるのにも役立つと思ってしまうのは危険です

防犯ブザーは犯罪への抑止力にはなりますが、それ以上の機能は残念ながら期待できません。親や学校がどう思っているのか分かりませんが、トラブルに巻き込まれた時にどうするのかも考えておかないといけません。

もちろん、トラブルに巻き込まれないようにする方法が最優先ですが、こちらの意志に関係なくトラブルに巻き込まれることは想定しておくことは必須です。

学校も僕もトラブルに巻き込まれたら大声で叫ぶように教えています。学校ではこどもに叫ばせて、どの位の音量なのか測定したりしながら、大声を出す重要性を教えて、練習もしています。

でも、本当にトラブルにあい、恐怖の真っただ中にいるこどもが100dB前後の声で叫べるかといえば疑問です。有事の際、または差し迫った危険がある時に、それを回避するためにこどもは何をするのが一番なのか、常々考えています。今は叫ぶことと隙を見て逃げることしかありませんが、これは今後の課題にしたいと思っています。

 - 学校等, 小中高, 防犯

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

正義
学校や職場にも証人保護プログラムを導入ください
警告色
冬なのにアブかハチのような虫が部屋に入って来ました
バイオハザード
ちょっと待って 5秒ルールは無効かも
仙台市
文部科学副大臣が仙台市教育委員会を批判と指導
自転車のチェーン
自転車のチェーン、泣いていませんか
ブラインドのヒモ以外の事故にも注意しましょう
ぶどう
犬と幼児にはぶどうは要注意です
高千穂峡
Insecamの功罪 高千穂峡ライブカメラ映像をPR
ヤマカガシ
猛毒ヤマカガシ
嘘
京都の私立小学校 いじめ被害者が転校の謎
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。