あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

宮城県産カキがノロウイルス検出で出荷休止

      2017/01/12

宮城県漁業協同組合は、毎週実施ている検査で19日に気仙沼市から塩釜市までの県内ほぼ全ての生産地区(県内11海域のうち10海域で陽性)でカキからノロウイルスが検出されたため、25日まで出荷を休止することを決定しました。

19日に水揚げされた分は、全て加熱調理用として加工して出荷されますが、安全のため、25日までは加熱調理用のカキの出荷も休止されます。(ノロウイルスは85℃以上1分間以上の加熱によって感染性を失います。)

26日の予定している定期検査の結果で26日以降の対応が検討される予定です。

そこでノロウイルスが検出されなければ加熱超調理用も生食用も出荷が再開されますが、万が一そこでもノロウイルスが検出された場合は出荷停止期間が続き、出荷の最盛期を迎えた生産業者への影響が懸念されています。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎が流行している時期、どこのカキもノロウイルスに汚染されています。要は程度の問題。宮城のカキにだけ特別にノロウイルスの汚染がある訳ではありません。ノロウイルスは85℃以上1分間以上の加熱によって感染性を失いますので、生食ができない時はカキフライやカキ鍋でカキを楽しみましょう!

ノロウイルスによる出荷休止は1996年の検査開始以来初めて

宮城カキからノロウイルスが検出されたために出荷が休止されたのは、1996年に検査が始まって以来初めてのことで、生産者も困惑しています。

漁業関係者によると県内全域でノロウイルスが検出されたことは、この30~40年では記憶にないとも話していて、宮城カキにとって過去最悪の事態と言って間違いありません。

宮城カキをノロウイルスで汚染したのは人間です

なぜ宮城カキがノロウイルスで汚染されてしまったかと言えば、宮城県内のカキの生産地区に流れ込む河川の流域でノロウイルスによる感染性胃腸炎が流行して、膨大な量のノロウイルスが排出、下水と下水処理場を通じて海に流れ込んでいるためです。

下水処理場ではノロウイルスの感染性を失わせるような処理がされないため、下水や下水処理場があっても、ノロウイルスは海へ流れ込んでしまいます。

宮城県内では11月からノロウイルスなどの感染性胃腸炎が大流行していて、国立感染症研究所による直近1週間(12月5日~12月11日)の1医療機関当たりの患者報告数では宮城県が全国で2位(41.44人)となっています。

11月からの流行期に入ったノロウイルスは感染者から排出され、下水⇒下水処理場⇒河川⇒海と広まり、更にカキの生産地区に到達し、更にカキの中に生物濃縮するのに時間がかかるため、流行とカキ体内のノロウイルス検出にはタイムラグが生じます。

  • 下水⇒下水処理場⇒河川⇒海
  • カキの生産地区に到達
  • カキによる生物濃縮

そのため、一気に生産地区の全域でノロウイルスが検出されるようになったのは、11月のノロウイルス流行の波が到達したためであり、それ以降の流行を続けている現状では、12月26日の定期検査でノロウイルスが検出されなくなる可能性は低く、宮城産のカキの出荷(加熱調理用カキは出荷しても食べても問題はありません)は難しいです。

ノロウイルス感染勢い増すばかり 13都県で警報レベル

現在、1医療機関当たりの患者数が警報レベルの20人を超えているのは13の都県で、宮城県は山形県に次いで二番目に多くなっています。

警報レベルの20人を超えているのは13都県ですが、19を超えている府県も7あって、今後更に警報レベルに達する都道府県が増える可能性があります。

都道府県 報告数 1医療機関当たり
山形県 1361 45.37
宮城県 2445 41.44
埼玉県 4973 30.89
東京都 7164 27.24
三重県 1178 26.18
宮崎県 937 26.03
福井県 555 25.23
神奈川県 5321 24.75
兵庫県 3009 23.51
千葉県 3089 22.88
富山県 607 20.93
静岡県 1862 20.92
愛知県 3714 20.52
茨城県 1487 19.83
福島県 905 19.67
大阪府 3927 19.54
愛媛県 718 19.41
奈良県 658 19.35
鳥取県 364 19.16
岡山県 1030 19.07
     
広島県 1039 14.43

出典:国立感染症研究所 IDWR速報データ 2016年第49週

2014年(平成26年)のカキの生産量ランキングは以下のようになっています。

順位 都道府県 生産量(t) ノロウイルス警報
1 広島県 116672  
2 宮城県 20865 警報発令中
3 岡山県 16825  
4 兵庫県 7522 警報発令中
5 岩手県 4774  
6 北海道 3879  
7 三重県 3483 警報発令中
8 石川県 1968  
9 福岡県 1913  
10 香川県 1250  

カキ出荷量のトップ10のうち、感染性胃腸炎が警報レベルに達しているのは宮城県を含む3県。

出荷量ダントツ一位の広島県の報告数が多くないことが救いと言えば救いですが、兵庫県と三重県では恐らく近いうちにノロウイルスが検出されることになるかも知れません。

養殖場がある生産地区に流れ込む河川の流域でノロウイルスが流行している場合は、警戒が必要です。

ノロウイルスに汚染されていても加熱調理すれば問題ありません

カキからノロウイルスが検出された場合、生食は止めるべきですが、加熱調理用のカキを食べるのを控える必要はありません。風評被害を恐れて、宮城県では自主的に出荷を休止していますが、加熱調理用のカキの出荷は始めても問題ありません。

トイレから海まで到達してしまう、しぶといノロウイルスですが、熱には弱いウイルスです。

ノロウイルスは85℃以上1分間以上の加熱によって感染性を失う

鍋やフライでしっかり加熱調理をすれば、ノロウイルスで汚染されていても感染することはありません。

ただ、調理器具からのウイルス移りの恐れがありますので、カキだけではなく、調理器具の殺菌を忘れないようにしましょう。

それとパン粉の再利用は厳禁!!

せっかく旬になったカキですから、暫く生食は我慢するとして、フライや鍋で大いに食べて、生産者の支えて行きたいですね!

 - 健康, 生活, 病原菌, 食中毒, 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

イオンも被害の可能性
みのりフーズ 広がる廃棄食品の横流し
USJ
USJに近くて安い駐車場
眼科
消石灰使用中に失明する事故が起きています
いつもサンダル
何度完治してもぶり返すしつこい水虫
NOスパム
Credit Card Has Been Declined *4601
たつの市
龍野高校部活動訴訟 こどもは学校に殺される
NOスパム
Juan José ESCARENO氏からのスパムメール
首吊り禁止
首吊り注意 長い物には巻かれない
小便小僧
おしっこ超臭いんですけど
電通
電通に東京労働局が強制調査「臨検監督」
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。