あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

靴と畳は新しい方がいい

      2019/06/13

廃盤になったニューバランスやナイキのスニーカーは魅力的で、中古でも状態のいいものがあったら惹かれます。(たいていは心を折るような値段がついています。)

USED品を使うのは、資源保護や環境保護の点からもいいことなんですが、靴は少々注意が必要です。

足首・膝・股関節を故障する恐れあり

中古の靴は元の所有者の癖がついています。ソールの減りはもちろん、ソール以外の部分にも癖はついています。それを別のひとが履けば、足は本来と異なる方向に傾いてしまいます。

最初は疲れや筋肉の張り程度しか感じませんが、長く履いているうちに足首・膝・股関節の軟骨を異常に摩耗させることになり、最終的には手術が必要な事態になることさえあります。

自分の靴でも要注意

自分の靴は自分の足の癖しかついていないのですが、長く履く時は注意が必要です。

靴のソールは足の癖によって減る部分が違ってきます。内側に傾いている時は内側が減りますし、外側の時はその反対です。その減りが進行するに従い、擦り減りが大きくなったことで足の傾きが増してしまい、それが更にソールの片減りを助長するという悪循環に陥ります。

対策

ある程度減ったら靴を買い替えるか、ソールが交換できるものは交換しましょう。また、片減りは骨格が歪んでいるサインです。もし既に足首、膝、股関節に不調を感じている場合は、足に強い整形外科、またはカイロプラクティックで相談してみましょう。

 - グッズ, 健康, 生活, 育児

  関連記事

鼻ほじり
鼻くそほじると汚いよ
ヒヨコ
ふれあい動物園での動物虐待
新幹線客室内
新幹線の車両火災で生き残る方法
ヒトパピローマウイルス
手指にできたイボはヒトパピローマウイルスで感染拡大します
エスカレーター
エスカレーター みんなで手すりにつかまろう!
インフルエンザウイルス
インフルエンザ予防接種の対象が3種から4種に増えました
グラスの水
浄水器の出水管を掃除してますか
応急処置
応急処置 こどもの髪にシラミがいた
アシダカグモ
部屋の中にクモがいたらどうしますか
American Association of Exporters and Importers
American Association of Exporters and Importersからのメール
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。