あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

心に効く映画

      2016/03/22

酷いうつ病に苦しんでいた時、心療内科の先生に紹介されたカウンセラーの元へ電車で1時間以上かけて定期的に通っていました。

往復2時間、しかも1時間で1万円もするセッションが無駄だとは思いたくないので、できる限り肯定的にとらえるようにしていましたが、当時の「ワラにもすがりたい」自分にもちょっと引っかかるところが多かったです。今考えれば、金をドブに捨ててしまっていました。もっとカウンセラーは良く選ぶべきでした。(※でも、今のようにインターネットが発達していませんでしたので、探したところで見付かったかどうかは疑問です。)

そんなカウンセラーが2本の映画を紹介してくれました。

1本は「グッド・ウィル・ハンティング」

もう1本は「ギルバート・グレイプ」

共にいい映画ですし、僕の好きな

  • ロビン・ウィリアムズ
  • マット・デイモン
  • ジョニー・デップ

が出演していて、僕の好みを見透かしたようなセレクトですが、映画自体はピンと来ませんでした。(因みに、レオナルド・ディカプリオも出ています。)

2本ともいい映画ですし、もちろん泣きましたが、治療の一環として何をポイントに選んだのかは当時も分かりませんでしたし、今も分かりません。

心が苦しい時は理屈っぽくない映画がお勧め

映画を見ることは、カウンセラーとのセッションと同じ位か、場合によってはそれ以上に心を癒やしてくれる可能性があります。

でも、どんな映画を見るかは非常に重要です。

僕のカウンセラーが選んでくれた映画は、当時の病み切った僕には十分に理解することが難しかったように思います。

2本とも重い内容ですし、「ギルバート・グレイプ」なんて気が滅入ってしまう恐れもありますので、注意が必要です。

今でこそ映画の内容は理解できますが、当時の自分に見せる理由は見付かりません。

心が苦しい時、病んでいる時は、思考力も落ちていますので、理屈っぽくない映画の方がいいと思います。

暗い映画も避けた方が安全です。

カウンセラーはその辺りも配慮してくれると思いますが、もし難しいと感じたら、別の映画をお願いしてみましょう。

自分で選ぶ場合は、理屈っぽくなくて、暗くもない映画を選ぶようにしてみてください。

案外こども向けの映画も効果ありますよ。

映画は漢方薬みたいな感じで選びましょう

頭痛には頭痛薬。

細菌感染には抗生物質。

映画はそんな風にバチッと合う処方がありません。

性格、育った背景や今置かれた状況、色々なもので心に効く映画は変わってくると思います。

同じような症状の人でも、それぞれ違うと思います。

自分に合った漢方薬を選ぶように、自分に合った映画を探してみましょう。

お勧めの心に効く映画

映画をよく見るひとは、その中から好きな映画が決まり、嫌なことがあったりした時に見ることで無意識に自然治癒を図っている場合もあると思います。

でも、普段映画を余り見ない人には何を見たらいいのか分からないかも知れません。

そんな人にお勧めの映画を紹介していけたらと思います。

ただ、ネタバレは嫌いなので、ネタは殆ど書きません。

何もする気になれなくて、時間を持て余して困っている時に視てみてください。

少しでも心が楽になるお役に立てたら嬉しいです。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(英語タイトル「CHEF」)

公式サイト#ChefMovie

 - 映画

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。