あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

なぜ健康に有害な牛乳を学校給食で出し続けるのか

   

テニススクールの若いコーチから「牛乳ってかなり体に悪いって知ってました?」と色々教えてもらいました。ネットサーフィンで仕入れた情報だそうです。コーチ情報では「アメリカが日本に小麦を消費させるためにパンを給食に出させ、パンだけでは食べにくいこともあり、またアメリカの酪農家を保護するためにも、牛乳も合わせて飲ませるようにした」との事でした。全てアメリカの陰謀だったみたいです。

そんな情報が出回っているようですが、僕は信じていません。タイトルの「なぜ健康に有害な牛乳を学校給食で出し続けるのか」は、そんな有害なものを給食に出し続けることが出来るはずがないという意味で書きました。

牛乳は有害ではないが魔法の水でもない

多分。体にいいという説と体に悪いという説が真っ向から戦っていますが、その間も普通に飲まれています。給食でも家庭でも。スーパーに行けば、野菜ジュースなんかよりも牛乳の売り場スペースは大きいです。

流石に昔思われていた程のパワーは無いと思います。背が伸びるとか、胸が大きくなるとか、骨が強くなるとか。大きな目で見れば、牛乳を飲むことで栄養状態が良くなれば、栄養状態が悪い状態よりも背は伸びるし、骨も強くなります。でも、これは他の食品で代替可能ですよね。

魔法の力はないものの、ある種の栄養素が含まれた優れた食品の一つであるとは思います。

牛の赤ちゃんは牛乳だけであんなに育っている

こんなことを言って牛乳が優れているというひとがいますが、残念ながら僕たちは牛ではないです。しかも、赤ちゃんでもないですし。

ゴリラは草食で葉っぱだけであの巨体を維持しています。牛の赤ちゃんが大きく育つのと牛乳は関係ないです。牛はもともと大きく育つ生き物なんです。

牛乳で癌などの病気なるかも知れない

化学物質に汚染されているような場合を除けば、そんな害があるとは思えません。でも、あるかも知れません。

どんな食べ物でも、良い面と悪い面があります。味噌は非常に体に良い食品の代表のように言われますが、塩分が濃いため、食べ過ぎは体に害も及ぼします。水が無くてはひとは生きられませんが、摂り過ぎれば水中毒を起こします。どんな食べ物でもそんな面があるので、その面だけをとらえて議論するのも余り意味がないと思います。

優れた食品だとしても無理に飲ますのは止めてください

牛乳を分解する酵素を持たない乳糖不耐症のひとは牛乳を飲むと下痢をします。日本人はその割合が多い人種と言われていますので、学校などで無理やり飲ませることには賛成できません。これは害だと思います。

牛乳が飲めないこどもや飲むのが遅いこどもを飲めるまで席に座らせてさらし者にするのはいじめを飛び越して拷問です。この習慣は学校から撤廃するべきだと思います。僕は牛乳は好きではないですが、飲む速度はクラスで一位二位を争うほどでしたので嫌な思いをしたことはありません。そんな僕からしても、嫌な気持ちがする思い出です。体質的に飲めないこどもがいるものを出すのは止めて、選択制にするか、誰にでも飲める飲料(難しいのは承知です)に切り替えて欲しいです。

 - 保育園・幼稚園, 健康, 学校等, 小中高, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

医師
セカンドオピニオンは健康保険が使えず自費診療になります
通用口
裏口入学と通用口入学
市販薬
ムコダインで重い副作用
アマゾン
法事の手配もAmazonの時代 「お坊さん便」始まる
給水
のどが渇いたと思うより前のこまめな水分補給は却って危険です
杖
冠水時の避難には杖を使うと安全です
ポリフェノールは毒にもなります
Insecam
Insecam 質屋の防犯カメラ映像が誤公開
歯科治療
歯科医院選びのジレンマ
しめサバ
しめサバ食べて蕁麻疹 これって魚アレルギー?
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。