あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

南知多の「まるは食堂旅館」が許容量超える大腸菌を含む排水を海に流す

      2016/10/29

許容量より大腸菌が排水で検出されただけで、食品には全く無関係です。大腸菌と言われると反応してしまいますが、保健所による調理場などの検査ではなく、名古屋海上保安部による海への排水の検査ですので、料理などには影響はありません。お店も通常通り営業を行っています。予定をされていた方、安心して行ってください。

愛知県南知多にある創業66年鮮魚料理の老舗「まるは食堂旅館」が、許容量を超える大腸菌を含んだ排水を海に流していたため、名古屋海上保安部による家宅捜索を受けました。1日当たりで許される許容量の大腸菌の8倍を含んでいた水質汚濁防止法違反の疑いが持たれています。今回の家宅捜索の結果を元に、名古屋海上保安部が原因・経緯などを調べることになります。

健康被害や通報に基づく家宅捜索ではなく、名古屋海上保安部による定期検査によって判明し、家宅捜索となったものです。

今のところ、健康被害も報告されていませんが、店の直ぐ前の海に大腸菌を多く含んだ排水を流してしまったのは、新鮮な刺し身やエビフライが名物の当店としては痛いミスとなりました。

実は「まるは食堂旅館」に行ったことがあり、巨大エビフライや刺し身、煮魚などを堪能したんですが、その時に前の海にできるタイドプール(潮溜まり)で遊んだ時に店から海に排水が出ている辺りに行くとかなり臭くて「大丈夫なの?」って思った記憶があります。

一日当たりの許容量がどれほどのものか実感が湧きませんが、伊勢湾や三河湾の恵みを受けて商売をされているのであれば、許容量を遥かに下回る清浄な排水にするなど努力を見せて頂きたいと思います。

店内に入ると若社長が経営に熱心なことを感じさせられる様々な記事が掲示されています。

そんなこともあって、リスクマネジメントはバッチリなようで、今回も報道と同時にコメントがウェブサイトにアップされています。

まるは食堂旅館のコメント

【海上保安庁による強制調査/水質汚濁防止法違反の疑いの報道について】

平素は弊社まるはをご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、10月26日に報道されました海上保安庁による、水質汚濁防止法違反の疑いの強制調査の件につきまして、多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

昨日の調査では、食堂、旅館、温泉の浄化槽に問題はなく、本店地下水槽で作業する、鮮魚の下ろしから出るあらなどが原因ではないかとご指摘をいただきました。詳しい原因は今後報告があると存じます。

弊社としましては、ご指摘を厳粛に受け止め、二度とこのような事が起きないよう、コンプライアンスや管理の徹底、改善に取り組む所存でございます。

またこの日は、創業者故相川うめの命日でございました。これも何かの伝言と捉え、原点回帰、信用回復に社員一丸となって努めてまいります。

営業は通常営業をさせていただきますので、今後も変わらぬご愛顧を賜りますよう伏してお願い申し上げます。
取り急ぎ、ご迷惑とご心配をおかけしました事をお詫び申し上げます。

平成28年10月27日  

株式会社まるは    
代表取締役 坂野 豊和

出典:まるは食堂旅館ウェブサイト

のらりくらりとした対応を続ける慶應義塾大学とは違って素早い、そして的確な対応。流石です。

 

そして、創業者である相川うめさんのことも書かれていますが、ここのところ、ショッピングセンターや中部国際空港に出店するなどイケイケムードだったと思いますが、ここでもう一度兜の緒を締めろということではないかと思いますので、初心に戻って、経営をして頂けることを願っています。拡大によって良さを失う店も少なくありません。どうかそのようにならず、いつまでも「まるは食堂」の良さを保って欲しいと思います。

創業者である相川うめさんのお言葉

まるは食堂旅館に入ると、否応なしに相川うめさんに出会うことになります。既に他界されていらっしゃいますので故人なのですが、像や絵などそこかしこにお姿を拝見し、まるは食堂にとって大切な存在であることを感じます。

その相川うめさんが残されたお言葉に、

うめさんの遺言

『信者を創れ』

『儲けんでもええ、儲かる。』

『お客様に喜んでくれる事をやればええ。』

『まるはのようにやればええ。』

『報連相をちゃんとやればええ。』

潮風の一本道 まるはは、創業以来、挑戦の日々じゃ

魚を買いに来たお客さんに魚を食べたいという人がおった。

大将が刺身を切って出した。焼き魚、蟹を茹でて出した。

望む人には、飯をよそって出した。

お酒を飲みたいという人に一升瓶で好きなだけ飲んでもらった。

「人に喜んでもらえることをせにゃいかん。」

地元の衆に好かれんといかん。

事情を一番知っとるもんがまるはをええって言ってくれんといかん。

「蝋燭はわが身を削ってまわりを照らす」

幼いころに母から教わった大切な言葉だ。

戦後は大変な時代だったから、たくさんの人が助けてくださった。

だから、わしは恩返しだと思っとる。

新鮮で美味しい魚を食べて、お酒を飲んで。

眠くなったら泊まってくださればええ。

そして気に入ってもらえたら、また来てくださればええ。

「今日も、感謝感謝で日が暮れる。」

出店:まるは食堂旅館ウェブサイト まるはとか?

勉強になります。

そして久しぶりにまるは食堂に行って、あの巨大エビフライを食べたくなりました。

 

 - 健康, 安全, 屋外, , 生活, 病原菌, 食中毒, 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ノロウイルス
愛知県東海市のすし店で食中毒 3人からノロウイルス
パスワード
パスワードヘンコウシテクダサイ Insecam事件
高齢運転者標識
小学生の列に軽自動車が突っ込む事故 横浜市南区大久保1丁目の市道
冬
冬布団を出すだけで酷いアレルギー アナフィラキシーショックにも
スパムコメント禁止
i.softbank.jpから来る迷惑メールへの対応 第三回 ※未受領金有り※会計担当部署より
覗き窓
ドアスコープ(のぞき窓) 逆覗き防止グッズ
胃
ピロリ菌による萎縮性胃炎をがん化させないためにすべこと
親子か連れ去りか
不審者から前犯罪者へ
ガチョウ
毛皮のコートがダメで、ダウンジャケットはなぜいいの?
スパムコメント禁止
「松重裕次郎」氏のその後
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。