あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

ロキソニンに重大な副作用 腸狭窄・閉塞にご注意ください

   

ロキソニンの服用で小腸・大腸の狭窄・閉塞の恐れ

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は国内で症例が集積したとして、使用上の注意の「重大な副作用」の項目に追記をするように指示を出しました。

医薬品医療機器総合機構(PMDA)ウェブサイトの該当ページ

消炎・鎮痛などに広く用いられている「ロキソプロフェンナトリウム水和物」は

  • ロキソニン錠(第一三共)
  • ロキソニンS(第一三共)
  • ロキソニンSプラス(第一三共)
  • ロキソニン細粒(第一三共)
  • ロキソプロフェンナトリウム細粒(日医工)
  • ロキソプロフェンナトリウム錠剤(日医工)
  • ロキソプロフェンナトリウム細粒(CH)
  • ロキソプロフェンナトリウム錠剤(CH)
  • ロキソプロフェンナトリウム錠(ファイザー)
  • ロゼオール細粒(辰巳化学)
  • ロゼオール錠(辰巳化学)
  • ロキソプロフェンNa細粒(サワイ)
  • ロキソプロフェンNa錠(サワイ)
  • ロキソプロフェンNa細粒(YD)
  • ロキソプロフェンNa錠(YD)
  • ロキソプロフェンNa錠(共和薬品)
  • ロキソプロフェンNa錠(東和薬品)
  • ロキソプロフェンNa錠(日新製薬)
  • ロキソプロフェンNa錠(テバ製薬)
  • ロキソート錠(日新製薬)
  • ロキソプロフェン錠(エルメッド エーザイ)
  • コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα(興和)
  • ウナスチン錠(ファイザー)
  • オキミナス錠(日本ケミファ)
  • スリノフェン錠(あすか製薬)
  • ノブフェン錠(サンド)
  • ロキペイン錠(共和薬品)
  • ロブ錠(大原薬品工業)
  • ロキソマリン錠(テバ製薬)

などの製品に使用されています。(種類が多くてびっくり!)

今回は経口内服薬が対象で、

  • ロキソニンテープ(第一三共株式会社)
  • エキセドリンLOX(ライオン)

などの経皮薬は対象ではありません。

医薬品医療機器総合機構(PMDA)による指示は以下の通りです。

[副作用]の「重大な副作用」の項に

「小腸・大腸の狭窄・閉塞:小腸・大腸の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞があらわれることがあるので、観察を十分に行い、悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。」

を追記する。

ロキソニンを服用されている方は、今まで以上に

使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って正しくお使い下さい。

ロキソニンの大腸・小腸の狭窄・閉塞以外の副作用

ロキソニンの副作用には、

  • 吐き気
  • 消化不良
  • 消化器潰瘍・出血
  • 肝臓酵素増大
  • 下痢
  • ふらつき
  • 塩および体液停留
  • 高血圧 など

が一般的なものとして挙げられ、まれな副作用としては、

  • 食道潰瘍
  • 心不全
  • 高カリウム血症
  • 腎臓障害
  • 昏迷
  • 気管支痙攣
  • 発疹 など

があるとされています。

 

日本で最もよく使用される抗炎症薬の一つですが、副作用については軽視されてしまうと危険な薬でもあります。

服用を避けるべきケース(禁忌事項)もありますので、服用される場合は、

必ず医師、または薬剤師に相談してください。

「そう言えば、以前処方してもらったロキソニンがあったっけ。」

「お父さん、ロキソニン余ってない?」

こんな感覚で使用すると副作用で苦しむ恐れがあります。ご注意ください。

処方薬は医師・薬剤師の指示を守り、市販薬については使用上の注意をよく読み、用法・用量を守って正しくお使い下さい。

 - 健康, 安全, 生活, 病院,

Comment

  1. よしよしちゃん より:

    ロキソニンテ-プが、今回発表された腸閉塞など副作用の対象外だとわかって安心しました。
    それにしても医薬品医療機器総合機構(PMDA)から、多くの医薬品の副作用が発表されているのですね。
    医者や薬剤師は発表された情報を見て理解してから処方しているのでしょうか。
    医者や薬剤師が何も見ていない何も知らないということはないのでしょうか。心配ですね。

    • bengals より:

      コメント、ありがとうございます。

      今回は口からの(経口)摂取が対象でしたので、ロキソニンテープなど外用薬を使われている方はほっとされたことだと思います。良かったですね。

      ただ、医薬品医療機器総合機構(PDMA)のサイトを見ると副作用の情報が多く、不安になってしまいます。やはり大勢の異なる体質・既往症の方が薬を使われると色々な副作用が出る場合があり、副作用のリストは長くなってしまいます。

      現時点でも色々な薬についてそれぞれ数多くの副作用がありますが、今回のロキソニンのように新しい副作用が認められると、医薬品医療機器総合機構(PDMA)が製薬会社などに、使用上の注意の「重大な副作用」の項目に追記をするように指示を出します。

      製薬会社は使用上の注意を改定するのと併せて、医薬情報担当者(通称:MR)を顧客(医療機関・医師)を回らせて、資料を渡し、変更点などの説明を行うようになっています。

      この制度が上手く回れば、医師は最新の情報を持って診察・治療に当たることができるはずなのですが、医師の性格(薬には余り関心がない)などによってばらつきが生じてしまう可能性があります。(と言うか、生じています。)

      最近は院外処方が増えていますので、医師の中に薬に詳しくない人が更に多くなってしまっている恐れがあります。院外処方が現在のように増える前でも、処方の前に「お薬事典」で薬を調べる先生がおられたりして不安になることもありました。(最近ではお薬辞典ではなく、診察机に置かれたタブレットやPCでネット検索される先生もおられます)

      厚生労働省によって進められる医薬分業ですが、院外処方になってしまうことで、薬を処方する医師が薬に詳しくなくなってしまうかも知れないというリスクに対してどのようにヘッジしていくのかが良く見えません。

      でも、薬局の薬剤師さんが単に処方箋に従って薬を出すだけの「門前の下請け」状態から、患者さんのために積極的に動いてくれる「かかりつけの薬局」として機能するように変わっているところですので、これからはもっと薬に関する説明は薬剤師さんからしてもらえるようになっていきますし、気になる副作用や飲み合わせについても、かかりつけの薬剤師さんが注意を払ってくれるようになっていくのだと思います。

      とは言え、薬を処方するのは医師ですので、医師が誤った処方(副作用を知らない・忌避事項を見落とすなど)をしてしまうと、薬局が処方箋を修正するように医師に依頼するという二度手間が発生してしまいます。ですから、医薬分業とは言え、膨大に増える医薬品、そしてその副作用などの付帯情報を医師がどのようにして最新の知識を保ち続けるのかというのは難しい課題なのかも知れません。

      このように言うのは凄く簡単なんですが、ロキソニンの原料というか、薬の成分である「ロキソプロフェンナトリウム水和物」は、ロキソニンを始め、覚えろと言われたら泣きたくなりそうな数の様々な商品が存在していますし、副作用も色々なものが挙げられています。しかも、それは常に増えたり、変化したりもしています。更に、年数が経過すると、そこにジェネリックが追加されていきます。医師や薬剤師の方々は本当に大変だと思います。競争があるから薬価が下がったり、品質が上がったりする部分もあるとは思いますが、医療従事者にとっては薬は一層厄介な存在になるばかりで、何か歯止めをかける策ができないものかと思います。

      私達患者側が薬について知識を持ち過ぎると医師や薬剤師には厄介な存在になってしまう(処方に口出ししてしまったり)部分もあるかも知れませんが、医師や薬剤師の方々の負担を軽減できる画期的な方策が見付からない以上は、副作用や忌避事項程度に関しては「自衛目的」である程度の知識を持った方がいいのかも知れないと個人的に思っています。

      一応、医師や薬剤師の邪魔はしないように、処方には口出しはせずに、出された薬の

      ・副作用
      ・飲み合わせ
      ・忌避事項

      については勉強して、最後の砦になる位の感じがいいのではないでしょうか。

      無題に長くなってしまい、申し訳ありません。読んで頂き、ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

緑色LED
肌の弱い方はリストバンド型の脈拍計にご注意ください
ロタウイルス感染中
バイオハザード
マイコプラズマ感染症はいつから登校・登園可能なの?
カエルのタマゴ
伝染性軟属腫、通称「水イボ」
杖
新訳「転ばぬ先の杖」
ダメね
居眠り女性を盗撮・投稿で女子高生が書類送検
バスルーム
浴室の赤いヌルヌル
ゴーグル
エアソフトガンは必ずゴーグルを着用しましょう
太陽
イエカも猛暑に弱いのか?
超人ハルク
あなたもシンソールでリアル「超人ハルク」
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。