あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

シバガス(笑気ガス)で窒息死する可能性があります

   

京都大麻ショックでかきたてた薬物への関心が、今度はシバガス(笑気ガス)に向かっているようです。

一気に注目を集めるシバガスですが、今年の7月にはイギリスで18歳の青年が死亡しています。死因は窒息。他の薬物とは異なり毒性や依存性で命を危険に晒すことの前に、吸っている最中に命を落としてしまう恐れがありますので、十分に注意が必要です。

‘Laughing gas’ teenager dies after party in Abbey Wood(BBC)

シバガスとは何でしょうか

過去記事「SIVA GUS(シバガス) 笑気ガスの乱用は危険です」で書きましたが、おさらいです。

シバガスの正体は、亜酸化窒素(Nitrous oxide)と呼ばれる物質で、

  • 笑気麻酔として医療用に使用(笑気ガス)
  • ドラッグレースなどでエンジンのブースト用に使用(ナイトラス・オキサイド・システム)
  • 化学ロケットエンジンの燃料・推進剤用に使用
  • ホイップクリームなどを泡立てるためのエスプーマ調理用のガスに使用(ホイップ缶のラベルには「亜酸化窒素」と表示されてます

と多岐に渡る用途で使用されています。

一番有名なのは歯医者などで恐怖心を和らげるために使用される笑気ガスかも知れません。この笑えてしまうほど緊張感を和らげる効果から、医療用途以外の目的で乱用されるようになっています。

ただ、笑気ガスは、1772年にイギリス人の化学者ジョゼフ・プリーストリーが発見した時からパーティーなどを盛り上げる用途に使用されていました。

なので、現在シバガスがパーティーなどで使用されていることも理解できます。元々の用途に戻った訳です。

間もなく厚生労働省によって亜酸化窒素は指定薬物に指定されます

当然の流れで、医療用の笑気ガスを横流しするクリニックや業者があれば摘発されます。厚生労働省は、9月末に「医薬品医療機器法(旧薬事法)」に基づき、各都道府県に「シバガス」の販売業者への取り締まり強化を通知していました。

「シバガス」等の亜酸化窒素製品(医薬品)を販売する業者に対する指導取締りの強化について(厚生労働省)

無許可で販売している亜酸化窒素製品の例(厚生労働省)

でも、実際にはシバガス(笑気ガス)は医療用の笑気ガスの横流しではありませんので、規制するために厚生労働省は亜酸化窒素自体を指定薬物に指定する方向で動いていました。そして、ついに10月22日には薬事・食品衛生審議会が指定薬物部会を開き、亜酸化窒素を新たに指定薬物に指定することを決定し、2015年12月上旬には法律を施行する予定になっています。

これによって、シバガス(笑気ガス)は危険ドラッグ扱いになります。

ただし、この規制の抜け穴はかなり大きいかも知れません

危険ドラッグを扱う業者が自転車のパンク修理用の小さなボンベに詰めて販売することは難しくなりますが、色々形を変えて使用され続けることになると思います。

医療用以外では亜酸化窒素は、

  • ドラッグレースなどでエンジンのブースト用に使用(ナイトラス・オキサイド・システム)
  • 化学ロケットエンジンの燃料・推進剤用に使用
  • ホイップクリームなどを泡立てるためのエスプーマ調理用のガスに使用(ホイップ缶のラベルには「亜酸化窒素」と表示されてます

で使用されています。

車やバイクのカスタムショップで扱うNOSシステムには亜酸化窒素が使われていますので、ショップには亜酸化窒素のタンクが配備されています。学校やアマチュアがロケットを作る場合の酸化剤として亜酸化窒素が使われるため、その用途での入手が可能です。そして、料理人はエスプーマ調理用のボンベを取り扱います。危険ドラッグの業者が扱うことを規制できますが、正規の用途を装った使用にはなかなか規制ができない可能性があります。

動画の中でも売人(?)はエスプーマ調理用のディスペンサーを使っています。この先、なんちゃって料理人やドラッグレーサーが増えるかも知れません。

エスプーマの使い方(東邦アセチレン株式会社のウェブサイト)

規制の抜け穴が大きいことは気になりますが、この亜酸化窒素については、依存性などの危険性が今一つ不明瞭で、国も先手を打って規制をしましたが、この先限定的に規制が外される用途も出るかも知れません。治療抵抗性うつ病に対しては、24時間後に40%の被験者が症状が半分以上改善したというデータもありますので、うまく活用されることを期待しています。ただ、パーティー用途に解禁されることについては望み薄です。

規制する法律が施行される前に吸うことを考えている人へ

依存性などの危険性が今一つ不明瞭なんですが、逆に言えば思いも寄らない危険性が潜んでいる場合もあります。今はまだ法律規制前ですが、リスクを良く考えてください。

はっきりわかっているリスクとしては、

  • 窒息:効果を上げようと吸うシバガス濃度を上げ過ぎると、血中の酸素が肺胞内に入ったシバガスに流れ出て、瞬時に窒息を起こす恐れがあります。ひと吸いで意識を失って卒倒する恐れもありますので、窒息による死亡だけではなく、脳への損傷、卒倒による外傷などを起こす恐れがあります。
  • 拡散性低酸素脳症:窒息を起こさないまでも、高濃度(50~60%)のシバガスを吸ったのちに空気を吸い込むと、血中の亜酸化窒素が肺胞内に急速に広がり、相対的には肺胞内の酸素分圧が急激に低下して、拡散性低酸素脳症を起こすことがあります。
  • 体内にある閉鎖腔の増大:肺に穴が開く気胸や中耳疾患、腸閉塞、ブラなどの疾患がある場合は、その中に入っている窒素よりも更に血液に溶けやすい亜酸化窒素が血液を通じて閉鎖腔に集まってしまい、症状を悪化させる恐れがあります。気胸なら更に息が吸いにくくなりますし、中耳炎の場合は中耳内圧の上昇して鼓膜が破裂した例もあります。

また、医療で笑気麻酔を使う場合、

  • 妊娠初期
  • 風邪
  • アレルギー性鼻炎
  • アデノイド
  • 過換気症候群
  • ヒステリー症候群
  • 気管支喘息

を避けるとされています。医療用途でも避ける訳ですから、それ以外の用途であっても避けた方が安全です。

安全のためには、法規制前であっても吸わないことをお勧めします。

 - 化学物質, 安全, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

バイオハザード
過去最悪に迫る勢い 手足口病に注意しましょう
カレーライス
二日目のカレーで食中毒
蚊と網戸
網戸に蚊道ができてませんか
雷
青天の霹靂 川越南高校で野球部員が落雷で重体
Save bears !
ヒグマ肉食べて旋毛虫による食中毒 35年ぶり
ハミガキ
歩きハミガキは歩きスマホよりも危険です
ワクチン
破傷風の抗体は持ってますか
猫
猫カメラ Insecam
サングラス
サングラスで眼も紫外線対策しましょう
蚊
イエカに刺されると大きく腫れる人いませんか?
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。