あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

赤いツブツブがウヨウヨ

      2015/05/12

残念ながらダニなんです

形を見て「もしかしたらそうかも」と思いながら、そうでないことを願っていたあなた、残念でした。ウヨウヨしている赤いツブツブは「カベアナタカラダニ」というダニなんです。

「アカムシ」ではないです

春から初夏にかけて、コンクリートブロックなんかをじっと見ると、赤いつぶつぶがウヨウヨ。思い出しただけでぞっとする光景です。こども達はめざとく見つけて「アカムシ」とか呼んでいますが、本当の名は「カベアナタカラダニ」といいます。「ダニ」という名前に反応してしまいますが、人畜無害です。ちなみに「アカムシ」はユスリカの幼虫です。

ダニなのに人畜無害?

カベアナタカラダニはダニ目前気門亜目タカラダニ科アナタカラダニ属に分類される正真正銘のダニ。コンクリートの上に多いのは、そこに生える地衣類や付着した花粉を食べているためのようです。

人の体液を吸うことはありませんが、払いのけた拍子にストローのような口が刺さって炎症を起こしたという例はあるそうです。また、潰した時に出る汁を皮膚につけたままにすると、発疹がでる恐れがあるそうですので、触れてしまった時は速やかに洗い流しましょう。

人への害はごく稀ですが、洗濯物についたタカラダニが潰れて汚れるという害はあり、見た目だけではなく、主婦には嫌われています。

これらはカベアナタカラダニ側の過失ではないので、基本無害だと言ってよいと思います。

生態

見つかるのはメスばかりで、オスが見つかったことはなく、単為生殖を行っていると考えられていますが、詳しいことは良く分かっていない生き物です。

幼虫期

コンクリートの上などで地衣類と花粉を食べて育ちます。わたし達が良く目にするのはこの頃です。4月下旬から7月にかけて爆発的に増えて、急に姿を消します。

幼虫期(後期)

セミやカブトムシなどの昆虫に寄生します。クモにも寄生するそうです。十分に体液を吸うと地上に落ちて、脱皮して若虫になります。

若虫・成虫

花粉や小型の昆虫を餌にします。

ご注意ください

皮膚の厚い成人は比較的大丈夫ですが、皮膚の薄いこどもは接触を避けた方がよいでしょう。労力をかけて駆除する必要はありません。洗濯物への付着が気になる場合は、干し方を工夫するといいでしょう。

ちょうど気候の良い時期ですので、小さいこどもが屋外でコンクリートや石に座ったりすると思いますが、遊び終わったら手を洗うか、ウエットティッシュで拭くなどすると安心です。心配して、外遊びを控える必要はありません。うまく共存する方法を見つけるのが吉ですよ。

 - 屋外, 市街地, 自宅

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

飛び込み
吉田川へ飛び込んだ会社員が死亡 岐阜県の郡上八幡
アオザメ
千葉県旭市と匝瑳市にサメ出現
雷
雷雲接近中
土壌
土の匂いはカビの臭い
バーベキュー
バーベキューのトングが原因で食中毒
駐車禁止
隣の車に当てられて傷付いた場合
ニラの花
ニラを食べて食中毒
実家が土石流危険地域のど真ん中
干ばつ
高温に関する異常天候早期警戒情報 東海・関東甲信・東北南部
南知多の「まるは食堂旅館」が許容量超える大腸菌を含む排水を海に流す
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。