あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

中学校教師がトイレで中1に20分間暴行

      2015/12/18

津田中学校で教師がトイレで中1に20分間暴行

またしても、教師が鬼畜の所業。

愛媛県松山市の市立津田中学校の中1男子生徒が、担任教師によって20分に渡る暴行を受けていたことが分かりました。

12月10日の放課後、この男子生徒が友人と教室でふざけていたところ、

  • 頬を掴んでトイレに連れて行き
  • トイレの個室に入って鍵を掛けた上で
  • 20分に渡って、約20回の平手打ちと頭突きを加えた

とされています。

また、暴行を加える際に、

「殺してやろうか。耳を聞こえんようにしてやろうか。」

と罵声を浴びせかけました。

暴行を加えた直後から、担任教師と学校は火消しに奔走したようで、生徒が帰宅する前に生徒の家に「ほっぺたをたたいてしまった。申し訳ありません。」と電話で謝罪をし、また教育委員会にも報告を行っていました。

保護者は悪いことをして頬を1発2発叩かれるのは仕方がないと思ったそうですが、帰宅したこどもの頬を見て驚愕したそうです。左の頬は赤く腫れ上がり、つねられた痕なのか、何ヶ所か内出血もしています。

これを見て保護者は学校に抗議を行い、生徒を病院に連れて行きました。診察の結果は、

顔面打撲や頭部打撲で2週間の治療が必要

でした。

これは体罰ではありません。暴行です。警察は傷害の疑いもあるとして、この教師から事情を聞いているそうですが、暴行は火を見るよりも明らかで、全治2週間の怪我も負っていますし、暴行を加える際にトイレに閉じ込めて鍵を掛けた上で、

「殺してやろうか。耳を聞こえんようにしてやろうか。」

と罵声を浴びせていますので、殺人未遂での逮捕をすべきだと思います。

万が一、この事件が

「教育の一環としての体罰としては度を超していますが、教師も反省しているので今回は穏便に。。。」

などと言うお決まりのセリフで片付けられるようなことがあれば、本当に日本の学校は終わっています。

過去にも暴行を加えていたことを本人が認めていました

学校側が謝罪に訪れた時の様子は録音されていて、それをニュースで聞きました。

教頭「両方のほっぺたをギューっとつまんで。そこで平手打ち、だいたい17、8回ぐらい殴ってる。」

校長「大変ご心配をおかけしていることに対して申し訳なく思っています。」

担任「お母さん、絶対信じてくれないと思うんですけど。」

母親「話なんか聞きたくないわい。」

担任「僕は大好きです。」

担任「これまでの半年の人間関係があると思っとったんで、甘えとったんですよ。すいません。」

担任「男同士であったりとか勝手に思ってた。申し訳ありません。」

 

父親「(男子生徒)に対してじゃなくてもなんですけど、今までどれくらい。」

担任「過去にはあります。」

好きな生徒を、教室でふざけていたという理由で、頬をつかんでトイレまで引きずり込んで、個室に閉じ込め、鍵まで締めてボコるというのは、今時不良でもなかなかしない程の悪行です。

不良でも学校内でここまでの行為をすれば警察を呼ばれる可能性大ですし、もし不良が教師に同じことをしたら100%警察が来て現行犯逮捕される事案です。

それがなぜ教師が生徒に暴行を加えた時には、

体罰か暴行か

みたいな判断が入る余地ができてしまうのでしょうか。万が一でもこれが暴行ではなく、度が過ぎた体罰だと言われ、教師が逮捕されないのであれば、もう学校へこどもを行かせることなんてできません。

正確な情報かどうかは現時点では不明ですが、ツイッターでこの教師が過去に勤務した学校でも暴行事件を起こしており、それが原因で飛ばされたという話も出ています。

全国ニュースで話題になってる愛媛の津田中の先生、私の中学のときの先生だった。うちの学校でもすごい問題起こして飛ばされたのにやらかしたなぁ。

あの先生の性格上絶対体罰受けた生徒さん120%悪くないし普段おとなしい子だと思う。剣道部だったんだろうなぁと。

あーあ。◯やらかしたwww津田中いっても暴力ててこりんやつやなー。(※◯は教師の苗字)

出典:ツイッター

 

体罰は犯罪以外の何物でもありません

校長がインタビューで

「普段より職員については重大な事案、こういった事案を引き起こさないよう指導してきたが、それが十分に至らなかったと、大変残念に思っています。」

と他人事のようなコメントをしています。

「重大な事案は起こすな」と。でも、体罰は根本的に暴行だという毅然とした態度を取っていません。これでは再発します。

暴行を受けた生徒は、学校が怖くて、先週の木曜日に暴行を受けて以来学校へ行けていないそうです。保護者によると、心の傷で下痢をして、夜中にも数回起きたりしているそうです。それはそうです。中1とこの前まで小学生だったようなこどもが、トイレまで引きずられて、鍵を掛けられた密室でボコボコにされるなんて、想像を超えています。PTSDも心配です。この教師が逮捕され、学校が体罰を完全に排除するまでは登校は難しいでしょう。他にも暴行にあっていた生徒も少なからずいるでしょう。全ての生徒のために津田中学は完全に体罰を排除することに全力を挙げて欲しいものです。

また、文部科学省もこの現実を重く受け止めて頂き、学校から体罰を根絶するような対応をして頂きたいです。ただ、いじめと同様に体罰もゼロにすることは不可能かも知れません。ですが、ゼロになるはずがないという態度が体罰を助長するところがあります。この生徒のような犠牲者を再び出さないように、文部科学省の英断を期待しています。

宇治学習塾小6女児殺害事件から今年で10年

日本を震撼させた宇治学習塾小6女児殺害事件から、12月10日で10年経ちました。

2001年6月8日に起きた附属池田小事件では学校に侵入した犯人によって8名の児童の命が奪われました。あの事件によって、学校外から部外者が侵入することに対する対策が導入されるようになりました。登下校時間以外は校門を閉じる、訪問者は学校内で許可証を掲示する、侵入者を取り押さえるさすまたの導入などです。

「悪者は外から来る」という意識と体制が脆くも崩れ去ったのが、宇治学習塾小6殺害事件でした。学習塾の講師が、生徒を空き部屋に誘い込み、鍵をかけたうえで殺害するという全く想定外の事件でした。まさか内部の人間が事件を起こすなどと考えもしなかったこと自体が今から考えれば甘いのですが、当時は誰もそれに異論を唱える人はいませんでした。しかし、余りの衝撃の大きさに、あの事件を受けて、

  • 正社員は問題なし
  • アルバイト講師は悪

とも取れる対策が取られました。それまで多くの塾が伏せていたアルバイト講師の在学校の公開、アルバイト講師採用時・契約更新時の適性検査の実施などが行われました。

あれから10年。幸いにも大きな事件は起きていません。ですが、あの事件の前、何十年も塾や学校で教師や講師が生徒を殺害するという凶悪事件は起きたことがありません。だから、10年間無事だったからこの先も大丈夫という保証はありません。

公立、私学、塾を問わず、教育に携わる人間は凶悪事件を起こさないという根拠の無い信用が今の体制を支えていますが、そこについても疑いを持って体制を見直す時期ではないかと思います。

今回の教師は、生徒が教室でふざけていただけで、

  • 頬をつかんで
  • トイレの個室に連れ込んで鍵をかけて密室化し
  • 平手打ち約20回
  • 頭突き
  • 「殺してやろうか。耳を聞こえんようにしてやろうか。」と罵声を浴びせ
  • 20分間に渡って暴行を続けた

という暴れぶりです。仮にこの生徒が他の生徒に暴行を加えている現場を取り押さえたとしても、

  • 教師と生徒
  • 中年と中1

という圧倒的な力の差がある状態で、今回のような手段に訴えることは許されません。

今回の事件は、宇治学習塾小6女児殺害事件が、学校で、そして教師に置き換わっても起きる可能性があることを示唆しています。これを単に愛媛県松山市の一中学校で起きた事案として取るか、それとも全ての学校について当てはまり得る事例であると取るかで大きく変わってきます。

文部科学省には、今回の事件を正しく認識して頂いて、学校が本来あるべき状態になるように大鉈をふるって頂きたいと心から願っています。

それと学校に行けなくなってしまった生徒さんが、一日も早く再び笑って学校に行けるようになれることも心から祈っています。

出てくる余罪

松山市立津田中学は12月18日会見を開き、この男性教師が他の生徒2人にも暴行を加えていたことを明らかにしました。

  • 提出物を出さなかった1年生の男子生徒の頬を4回平手打ち
  • 生徒間トラブルの指導中、1年生の男子生徒の頬を1回平手打ち

まだ余罪は2件しか上がっていませんが、他にも出てくるはずです。

松山市教育委員会は更に詳しく調査を行うとしていますが、この手の調査は容疑者が退職すると打ち切りになってしまうことが多いので、今回は退職しても何をしても最後まで調査を行って欲しいと思います。

ツイッターなどで上がっている過去に問題を起こしてこの中学校に飛ばされてきたという情報が真実だとすれば、前勤務先の学校についても調査を行うべきです。

その過程で他の教師による暴行が明らかになる場合もあると思いますので、とにかく徹底して調査を行って頂きたいと切に願います。

僕が中学生の頃は、確かに時代も違いますが、木刀を持って生徒を殴る教師が「教員委員会や警察に言いたければ言え。その変わりどうなるか覚えておけ。」と罵声を吐いていました。今思えば警察にでも言えば良かったんですが、当時はその言葉が怖くて誰もそうする友人はいませんでした。

今回も教育委員会の調査で、生徒が本当のことを言った際に当事者から報復をされないような証人保護プログラムを導入して頂きたいです。これがなければ真実が分からず、この先も生徒は教師の暴力に怯え続けることになってしまいます。無記名アンケートでもいいですが、筆跡から誰が書いたかは教師には分かります。絶対に現場の教師に見られないように、第三者がアンケートを配布・回収まで行う位の徹底ぶりをして欲しいものです。教育委員会は校長に調べさせて、校長は現場の教師に調べさせ、それを教育委員会はまとめるだけという意味の無いアンケートだけは止めてください。

 

 - 学校等, 安全, 小中高, 生活, 育児, 防犯

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

はっ水
傘の布は手で触ると水漏れの原因になります
首吊り禁止
首吊り注意 長い物には巻かれない
ワニ注意
ディズニーワールドで2才児がワニに引き込まれて溺死
フォルクスワーゲン
ゴキゲンじゃないフォルクスワーゲンの不正
寿司 まぐろ
お米で人工蕁麻疹の可能性
HOLI TESTIVAL
インドのHoli祭が起源のカラーパウダーイベントは注意が必要です
電通
電通に東京労働局が強制調査「臨検監督」
大麻
京都市南区の市立中学3年が大麻売買
アデノウイルス
はやり目(流行性角結膜膜炎)で失明の恐れあり
Insecam
Insecam 質屋の防犯カメラ映像が誤公開
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。