あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

乗るならかけろ、かけないなら乗るな

   

今回は自転車のお話。自転車を運転するのに必要な視力は明確に規定されていません。でも、安全のためにはメガネが必要なひとはメガネをかけないといけないですね。これは常識。

自転車に乗る際に保護メガネ(アイプロテクション)は必須

僕もメガネ族ですが、普段からメガネをかけているので自転車に乗る時もメガネはかけたままです。ただ、視力が良く、メガネをかける必要がないひとは何もかけずに自転車に乗ることが多いのではないでしょうか。

走行中、あなたの目には様々な危険が待ち受けています

紫外線が目に及ぼす悪影響もさることながら、更に深刻な危険が待っています。

道路上の砂鉄が目に刺さる恐れがあります

洗車をすると分かるのですが、塗装面に細かい砂鉄が食い込んでいることがあります。これが目に向かって飛んでくると考えるだけで、寒気がします。

飛び石が飛んでくる恐れがあります

大きさと速度によりますが、飛び石はフロントガラスを割る力があります。それがあなたに向かって飛んでくるところを想像してください。

虫や鳥が突っ込んでくる恐れがあります

車のフロントには虫が当たったあとが無数につきます。自転車の速度では虫が避けていくことも多いと思いますが、虫もミスはするでしょう。鳥も同様です。

  • オニヤンマ   時速70キロ
  • オオスズメバチ 時速40キロ
  • ツバメ     時速47キロ(最高速200キロ!)

正面衝突の場合は、この速度に自転車の速度(15キロ)が加わります。

メガネでも危険な場合も

メガネでも当たったものによってはレンズが割れる恐れがあります。自転車に乗る時は、メガネの上から保護メガネをかけるか、割れにくい材質のレンズを使いましょう。

お勧めの保護メガネ(アイプロテクション)の材質

ポリカーボネート

OAKLEYを始め、多くの商品に使用されています。ポリカーボネートには無数の種類があって、OAKLEYのPlutoniteもZoff Tough Lensもポリカーボネートに分類されます。

NXT

米陸軍による超軽量防弾プロテクター開発プロジェクトから生まれたポリカーボネートを超える素材です。余り知られていませんが、JINSのスポーツサングラスにはNXTが使用されています。

こどもにも保護メガネ(アイプロテクション)を!

こども用の商品もたくさんでています。大切なこどもの目も護ってあげてくださいね。

 - 大学等, 学校等, 小中高, 屋外

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

コーヒー
カフェイン入り飲料で中毒死か 国内初
ピラミッド
組み体操へ高さ制限の即刻導入を
我が家のナイフ
暁星高校でケンカ 生徒がナイフで刺す
マダニ
恐怖 マダニ感染症
Google Driveが同期しない
アタマジラミ
こどもの頭の白い点がフケではなくてシラミでした
怪物チュパカブラ
ペットが疥癬になってしまったら
柔道(払い腰)
福岡市立の中学で柔道死亡事故
蚊
その虫よけグッズ 蚊が対象じゃないかも
金庫
再び170人分の貴重品が盗難 ホテルサニー志賀
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。