あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

銀杏中毒

   

銀杏、おいしいですよねー。

タイトルの銀杏中毒は「もう銀杏大好きで、食べないといられないんです」ってやつではなくて、本当の食中毒です。テレビやインターネットで取り上げられることも多いので、最近知っているひとが増えたと思いますが、今から20年前には知らないひとも結構多くいました。

戦後の食糧難に問題化

食糧難の時期、腹を満たすために銀杏をたくさん食べて銀杏中毒を起こすひとが多発したそうです。その後、食糧難が過ぎると、数こそ減りますが、散発的に発生しているそうです。特にこどもに多いそうです。

銀杏中毒の症状

嘔吐と痙攣が主で、特に痙攣は繰り返し起こるそうです。他には、顔面蒼白、不整脈、呼吸困難、めまい、発熱、意識混濁など。

食べた後、1~12時間で発症して、90時間以内に回復することが多いそうです。(約半数は24時間以内に回復)

思っていた以上に重いですね。。。

処置上の注意点

中毒症状が出た場合は病院へ行きましょう。

病院へ行くまでの間、または症状が軽い時、無理に吐かせようとすると痙攣を誘発するそうなので、吐かせようとしない/させないでください。

毒性

一番気になるのは何個食べると中毒になるかということですよね。実は僕7個以上は自己責任で、という風に記憶していました。なので、大好きですけど、10個を超えては食べないようにしていたんですよね。

  • こども   7~150個
  • おとな 40~300個

思っていたよりも遥かに多い数字で、逆にショックでした。もっと食べておけば良かった。

この感じだと好き放題に食べても問題なさそうな感じなんですけど、この数字は基礎疾患やビタミンB6の欠乏状態(銀杏の毒はアンチビタミンB6の4′-MPNであることが理由だそうです)にもよるとのことですので、安全を考えると低い方の個数で止めておいた方がいいかも知れませんね。それと銀杏の毒は、煮ても焼いても消えないので「しっかり調理したから大丈夫」的な考えは通用しません。念のため。

おとなの40個はなかなかの量ですが、こどもの7個は結構注意しないといけません。事実、こどもの中毒が多いそうですので、銀杏好きのシブいこどもには注意をしてあげてください。

安全のために銀杏は年の数まで

ってするのが分かり易くていいかも知れないですね。

 - 健康, 生活, 食中毒, 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

警告色
冬なのにアブかハチのような虫が部屋に入って来ました
覗き窓
ドアスコープ(のぞき窓) 逆覗き防止グッズ
紫陽花
アジサイ(紫陽花)の葉には毒があります
スパムコメント禁止
助けてください。 pouwer.ofthe_heart-shiny-life@i.softbank.jpからの迷惑メール
大麻禁止
京都も大麻汚染 市内の高校生4人が逮捕
トヨタ
トヨタ自動車 配偶者手当の廃止
心臓
風邪のウイルスが心臓に入ると突然死の可能性
こどもを守れ
私学にはいじめや教諭の横暴への監督機関がありません
恐竜
オキシコドンの密輸で逮捕
ハチミツ
あかちゃんにハチミツがダメなわけ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。