あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

「で」から「が」へ UNIQLO SPORTS

   

最近CMで目にするようになった「UNIQLO SPORTS」

実際どんなものなのか気になりませんか?

「UNIQLOでいい」から「UNIQLOがいい」へ

ユニクロを着ている人はたくさんいますが、ユニクロを好んで着る人は余り多くないかも知れません。

UNIQLOというと、肌着メーカー(グンゼとか福助とか)のイメージに近くて(※個人の感想です)、多くの人がお世話になっているものの、取り立ててアピールする必要もないし、アピールしたくはない、そんな感じがします。

「UNIQLOでも出来た 夏の着こなし」

とか

「UNIQLOでいいや」

とか、余りポジティブな存在ではありません。今までは。

でも、これが

「UNIQLOがいい」

と変わっていくのでしょうか。(※僕の中では既に「が」に変わっています)

UNIQLO SPORTSは、かなり画期的

本格的なスポーツ用衣類は今までスポーツ用品ブランドからのみ販売されていました。

  • ADIDAS
  • NIKE
  • UNDER ARMOUR

とか。

スポーツのイメージを維持するためには、常に多額のスポンサー料と広告料を払い続けなければならず、一般衣料品メーカーには敷居の高い分野でした。

それを一般向け衣料品メーカーであるUNIQLOが本格的なスポーツ用衣類を出すというのは画期的です。

現在はテニスとゴルフでプロ選手がUNIQLOのウェアを着ていて、プロテニスプレイヤー錦織選手がCMやニュースでUNIQLO製品を着ているのを目にされた方も多いと思います。

錦織圭選手

そのレプリカモデルがユニクロのオンラインショップ(※一部店舗でも)で販売されていますが、単なる外観だけのレプリカモデルだと思ったら大違いでした。

テニス用ポロシャツ解体新書

UNIQLOとは言え、レプリカモデルは結構なお値段なので、僕はもっぱらセールで買っています。

UNIQLO SPORTS

上は去年の全仏オープンモデル。

もちろんセールで購入。

2015 全仏モデル

色が悪くてスミマセン。

左が民生品(?)で右がレプリカです。

一見、ユニクロのロゴが入っているかどうかの違いだけのように見えます。

2015 全仏モデル

こちらが背中。

レプリカモデルは、背中がT字でメッシュになっています。

2015 全仏モデル

2015 全仏モデル

こちらは余り評判がよろしくないロゴ部分。

上はUNIQLO、下はノバクジョコビッチ選手のもの。「ND」をデザイン。(トップ選手はこのようにイニシャルをデザインして、ウェアやバッグに入れています)

UNIQLOファンでも「ロゴは刺繍ではなく、薄っぺらいプリントなのが嫌」と不満を感じられる方がいるようですが、刺繍も厚いプリントもゴロゴロしてしまいます。選手が試合に集中出来るようにするため、敢えてかなり薄いプリントにしてあります。

かなり大きめのロゴですが、着ているとロゴの存在を忘れてしまうのは秀逸。

2015 全仏モデル

襟の部分。

縫い目がゴロゴロしないように、覆ってあるのは両方共同じ。

写真で見るだけでは、レプリカは首のところのプリントがないだけかと思ってしまいますが、襟の材質が微妙に替えてあるようです。芸が細かい!レプリカの襟の方が少ししっかりした生地で、節度ある腰があって好きです。

2015 全仏モデル

ちょっと写真では見難くなってしまってます。

共に脇の下にはV字でメッシュがあしらってありますが、レプリカの方は、脇の下以外も、脇の下から腰に掛けて側面にはメッシュが使われています。これが良く聞いていて、プレー中はかなり快適です。

また、レプリカの方は縫製の合わせ面が全て平坦になるように縫ってあり、ゴロつき感が全くありません。フラットシーマ(フラットシーム)と呼ばれる縫い方のようです。

これは脇に限らず、全ての合わせ面がそのように縫製されています。

2015 全仏モデル

袖の先端部分の生地のメッシュになっています。

大量に汗をかいた時に、袖が腕に貼り付く感じを減らす効果を狙っているのだと思いますが、これも芸が細かいです。

2015 全仏モデル

袖の先がメッシュになっていることは、両方共同じですが、裏の処理を見ると全く違います。

右の普通のモデルは縫い目が全て飛び出てしまっていますが、レプリカは全てフラットシーマになっています。

小さなことのようですが、これで着心地がかなり違ってきます。

ウェアの素材が薄くなると、全体に軽くて着心地が良くなりますが、却って縫い目のゴロつきが気になってしまい、着心地が悪く感じられる時があります。

錦織選手もジョコビッチ選手もかなり繊細(神経質)なタイプ(※ディスってません)なので、試合に集中できるようにという配慮なのだと思います。

この配慮による快適さはかなり大きいので、

  • レプリカモデル 3990円(税抜き)
  • 一般モデル 1990円(税抜き)

と2000円の価格差はありますが、それも納得です。

単にロゴを付けただけのレプリカモデルではないので、ロゴに「耐えられる」方は是非一度試されることをお勧めします。

ちょうど今、6月27日まで旧型が一般モデルと同じ1290円(税抜き)でセールされていますので、「試してみたいけど3990円はちょっと。。。」という方にはチャンスですよ。

 - ウェア, グッズ, スポーツ, テニス, 家事, 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

水晶玉
ヒルズのGoogleオフィスで水晶玉火災
クレジットカードの不正使用
クレジットカードを安全に捨てる方法
マシュマロ
3月14日はホワイトデー
スパムコメント禁止
スパムメール・迷惑メールの減らし方
シートベルト
8月3日 愛知県名古屋市天白区の交差点で衝突事故 8歳女児が投げ出されて死亡
police
「釣れてますか」 少年二人組が釣り人を突堤から海に突き落とす
太陽
光線過敏症 湿布薬を貼って外に出る前に確認してください
鼻をかむ
鼻をかむ前にも必ず手洗い
バイオハザード
ゲロを洗面器で受けるのは危険です
電気柵
獣避け電気柵 触ってないのに感電死する恐れ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。