あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

第22回城島酒蔵びらきでガスボンベが爆発 11人が軽傷

      2019/06/12

当初は「露天商」と報じられていましたが、実際には「久留米南部商工会青年部が出店していた販売ブース」が焼き鳥を焼いていた時に起こした事故であったと後で訂正されました。それに合わせて、以下の記事も修正をさせて頂きました。

今回の事故に関して、露店商の組合関係者様からコメントを頂いています。今回の誤報によってしっかり管理をされている露天商の方への風評被害が心配です。ぜひコメント(スクロールして頂いた下の方にあります)を読んで頂き、これからも安心して露店での買い食いを楽しんで頂けたら幸いです。

久留米市城島町で露天商青年会の焼き鳥ブースでガスボンベが爆発 11人が軽傷

一報を見た時には、59名が重軽傷を負い、そのうちの3名が亡くなった福知山花火大会露店爆発事故を思い出してドキッとしましたが、今のところ4歳の幼児を含む11名全員が軽傷だと報じられていて安心しました。(ただ、2名が病院に搬送されたとの情報もあり、心配です。)

事故があったのは、2月14日午後2時半頃で、久留米市町民の森公園で開催されていた「第22回城島酒蔵びらき」。イベントに出店していた露天商久留米南部商工会青年部が出店していた販売ブースの携帯用ガスボンベに引火して爆発しました。

第22回城島酒蔵びらき

露天商久留米南部商工会青年部が出店していた販売ブースが焼き鳥用の炭に火を付けていたところ、何らかの原因でガスボンベに引火したと見られています。

露天商久留米南部商工会青年部のスタッフを含む11名が軽い火傷を負ったそうですが、軽い怪我だけで済んだのは不幸中の幸いです。

露天商・各種団体の露天販売ブース(学祭の模擬店含む)にも安全基準が欲しいです

露天商・各種団体がイベントに出店する場合、

  • 届け出
  • 消火器の設置

が求められていますが、それ以上の細かい規制がないようです。

しっかり注意して営業される露天商・各種団体がいる反面、非常にずさんな管理でガソリンやガスを取り扱う露天商・各種団体がいるのも事実です。

以前住んでいたところの近くに露天商の方の基地がありました。営業に行かない時はコンロが雨ざらしで道端に放置されていたり、使用後の什器を洗う際には道路に置いて水を掛けるなど、衛生面に問題があり過ぎでした。できればその露天商が営業されている場所には行きたくないと思いながら見てました。

今回事故を起こした露天商久留米南部商工会青年部が出店していた販売ブースではどのような管理をされていたのかは分かりません。

ただ、大勢の人がひしめき合うような縁日やイベントで、ガソリンやガスボンベの扱いを誤って事故が起きた場合、距離が近いため、大勢の人が巻き込まれる大惨事になる恐れがあります。福知山花火大会露店爆発事故はまさにそんなケースでした。

縁日やイベントに出店する露天商・各種団体は、事前の届け出と消火器の設置を求められますが、それ以外にも

  • ガソリンやガスなどの燃料の取り扱いに関する正しい知識を持つ
  • コンロやガスホースなどの点検と定期的な交換
  • 市役所の予防課などのようなところによる抜き打ち検査の実施

を行って頂いて、安全な営業を行って頂きたいと思います。行政が動くのが難しい場合は、縁日やイベントの実行委員会がしっかりと監督を行って欲しいです。

今回は「11名の軽傷で済んだ」と部外者は思ってしまいますが、当事者からすれば「軽傷」であっても大問題なはず。4歳の幼児が事故に巻き込まれて負傷しますが、親からすれば火傷を負わされたことに怒り心頭はなず。

衛生面だけではなく、ガソリンやガスで人に危害が及ばないように安全管理はしっかりして欲しいと思います。

今回の事故で負傷をされた方の怪我と心の傷が一日も早く癒えますように。

 - 公園, 安全, 屋外, 市街地, 生活, 育児

  関連記事

ヘルメット
ヘルメットの耐用年数
感染防止
自動車のマフラーやエキパイ破損で死亡する恐れ
呼吸器
こどもの異物飲み込みに注意してください
ストップ
重過失致死 イヤホンで音楽を聴きながらの自転車運転で死亡事故
応急処置
応急処置 こどもの髪にシラミがいた
眼
眼の粘膜からインフルエンザウイルスに感染するのか問題
医薬品医療機器総合機構(PMDA)
ロキソニンに重大な副作用 腸狭窄・閉塞にご注意ください
歯
乳歯が抜けたら歯医者で健診
甘い誘惑
知らない人からもらったものは食べません
腸内細菌科
カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)の危険性
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。