あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

新鮮果物丸かじりで食中毒の可能性

      2019/06/13

新鮮なフルーツは食中毒とは無縁の存在のようですが、実は細菌まみれです。食中毒を起こす場合もありますので、注意が必要です。

新鮮であっても菌まみれの果物

ちょっと恐怖心を煽るような書き方になってしまいましたが、でもこれが現実です。過去記事「冷やしきゅうりでO157の集団食中毒発生」で書いたのですが、野菜の表面も菌だらけ、そしてひとの皮膚も菌だらけ、全てのものが菌だらけなんです。

菌は増やさない、広げない

果物の菌は、バナナの先端の黒いところやメロンの腹のへそみたいなところ(花落ち部)とイチゴやメロンやバナナの房というかぶら下がっていたところ(へた部・果梗部・果柄部)に特に多く付いています。また、マスクメロンのように果実の部分に模様が入っているような場合はそこにも菌が多く付いています。 食べる前にそれらを綺麗に洗う必要がありますが、洗っただけでは菌は綺麗に落ちません。場合によっては、果物用洗剤を使用して洗いましょう。 果物を洗ってから放置してしまうと水分と温度で残った菌が増殖してしまいます。そうならないように、洗ったら直ぐに加工を始め、菌が増殖する機会を与えないようにしましょう。 また、切り分ける際に菌が特に多い

  • 花落ち部
  • へた部
  • 果梗部
  • 果柄部
  • 果実の模様

を通った刃が果肉部分に触れるとわずかに残った菌を広げてしまうことになります。そこで菌が多い部位を切り離す時には、できる限り果肉を切り分ける作業とは別に行いましょう。菌の多い部位を切り取ってから、一旦包丁を洗って、それから果肉を切り分けると安心です。

食べ残しを冷蔵庫で保存しないでください

食べ残しを保存するとわずかに残った菌が増殖して食中毒を起こす恐れがあります。一度口(スプーン)を付けたものの保存はもってのほか。 食べる量だけ切り分け、一番美味しい時に食べ切ってしまいましょうね。

 - 家事, 生活, 病原菌, 育児, 食中毒, 食品

  関連記事

デンタルミラー
学校の歯科検診に落とし穴
ヒートテック
寒がり女子さんへ ユニクロの最終兵器あります
USJ
ユニバーサル・ワンダー・クリスマス 2016  駐車場難民問題
バイオハザード
「ヤケド虫」 ハネカクシは絶対に触らないでください
Windows 10
Do Great Things – Windows 10 本日リリース
電通
電通に東京労働局が強制調査「臨検監督」
ダスト
小麦粉と砂糖で大爆発
飛び込み
川や滝への飛び込みは死ぬほど危険
スパムコメント禁止
一気に大台 【517億6000万】完全お支払約束だそうです
レザーブーツ
皮革製品中の猛毒6価クロム残留の有無について
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。