あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

応急処置 こどもがアルカリ乾電池を飲んでしまった

   

応急処置 その1

正常に呼吸ができているか、確認してください。

正常に呼吸ができていれば気管ではなく食道に入っていますので、緊急度は下がります。

応急処置 その2

胃壁を保護するために牛乳を飲ませてください。(牛乳にアレルギーがある場合は飲ませなくてもいいです。)

「乾電池の腐食防止⇒胃酸の中和⇒ガスター」が頭に浮かびますが、こども用はありませんので飲ませないでください。

応急処置 その3

同型の電池(無い場合は電池が入っていた機器)を持参して、小児外科を受診してください。夜間の場合は救急病院に相談してください。

アルカリ乾電池の場合はマグネットカテーテルか内視鏡で取り出すことになりますが、腸に移動してしまった場合はそのまま便と一緒に排出されるのを待つ場合もあります。しかし、リチウム電池(カメラなどに使用)である場合は開腹してでも摘出する必要があるかも知れませんので、電池の確認はしっかりと行いましょう。素人判断で排出されるのを待つことは絶対に止めましょう。

小児外科の情報はこちらで検索ください(日本小児外科学会の該当ページ)

後処理

他のこどもが誤飲したり、再発を防止するために、リチウム電池(ボタン電池・コイン電池)が入った製品全てに対策をしてください。

  • ボタンの取り出しにドライバーが必要でこどもには電池が取り出せないものはそのままで問題ありません(蓋が割れると電池が飛び出る恐れがあるものは手の届かない場所に保管)
  • 電池がこどもでも取り出せるものは、セロテープで固定するか、こどもの手の届かない場所に保管する
  • 新品の電池、使用済み電池の保管場所もこどもの手の届かない場所に変更する

 - 応急処置, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

感染防止
自動車のマフラーやエキパイ破損で死亡する恐れ
NOスパム
LINEの迷惑メッセージ TO→RUとレイジ
救急救命
イオンモールで体調不良
シュレッダー
自宅にシュレッダー置いてますか
爆弾
京都で自動車の上の袋が爆発 男性軽傷
バイオハザード
「ヤケド虫」 ハネカクシは絶対に触らないでください
日除け
運転席横のウィンドウに日除けは付けられません
大森山動物園でコクチョウがA型インフルエンザ陽性確定でも比内鶏に問題なし
まつげ
最強の毛抜きを見付けました
クロム
3価クロムによる金属アレルギー発症の可能性
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。