あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

有毒注意 エノキタケの生食は止めましょう

   

お鍋が美味しい季節になりました。そんな鍋に欠かせない食材と言えば、エノキタケ。地味ですが、鍋に無くてはならない存在です。最近では氷エノキが有名になりましたよね。

そんなエノキですが、絶対に生食をしてはいけません。

エノキタケには毒があるので生食禁止です

エノキタケと言えば、もやしのように白くてひょろっとしているので、人畜無害な印象がありますが、光に当てずもやしのように栽培されているからであって、自然界のエノキタケは赤茶色の立派なキノコです。その姿を見ると、毒があってもおかしくないかもって思います。

そんなエノキタケは、自然に生えた赤茶色のものも、光を当てずに栽培したものも、同様に

フラムトキシン(Flamtoxin)

という毒があります。

フラムトキシンは、

  • 強心作用
  • 溶血作用
  • タンパク質(熱で分解)

という特徴があります。生で食べるのは危険ですが、加熱調理して食べる場合は、フラムトキシンは分解されていますので、危険はありません。

フラムトキシンはどんな毒なのでしょうか?

エノキタケの学術名は、Flammulina velutipesといいます。その「Flam」と毒を意味する「toxin」を組み合わせたのが、フラムトキシン(Flamtoxin)です。

実はフラムトキシンについては良く分かっていないようで、

  • 毒を分解するのに必要な加熱時間
  • 白いエノキタケにフラムトキシンが含まれるのかどうか

は不明です。「スーパーで売っているエノキタケにはフラムトキシンは含まれていない」という情報もあるようですが、確証がありませんので、注意した方が安全です。

しっかり加熱してから食べましょう。この毒はタンパク質なので、一緒に煮る他のタンパク質の食品が変質したら、フラムトキシンも分解されたと考えて良いのではないでしょうか。(個人的にはクタクタになって、ヌメリが出るまで加熱してます。)

健康にもいいらしいですし、鍋にも合う食材で、しかも安いので、この冬も大活躍すると思いますが、くれぐれも生煮えで食べてしまうことがないように注意してください。はやる気持ちを抑えて、クッタリするまで煮込んでから食べるようにしてくださいね。健康にいい食材で食中毒を起こしては、元も子もありませんので。

 - 健康, 家事, 生活, 食中毒, 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

カエンタケ
カエンタケ 触るだけでも危険な猛毒キノコ
蕎麦
光線過敏症 そばを食べたら日光に当たるのは避けましょう
猛毒注意
シジミの味噌汁で食中毒
外国為替
賭博と同じ FX依存症にも治療が必要です
パスタ
パスタを茹でた後の熱湯はシンクにそのまま捨てないで
MRI
MRI検査で使う造影剤の副作用
バーコード
払いすぎかも? レジでバーコードを読んでも起こるミス
USJ
USJに近くて安い駐車場
祇園祭
祇園祭カースト
インフルエンザウイルス
個別指導塾で感染症 受験直前期は要注意
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。