あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

学校のエレベーターで生徒が指を切断する事故が発生しました

   

7月7日、埼玉県の市立中学校でエレベーターを使用した生徒が指を切断する事故が発生しました。指を切断する事故と聞くとエスカレーターが思い出されますが、実はエレベーターにも隠れた危険が潜んでいました。

ドアに挟まれた靴袋の紐で指を切断

松葉杖をついた友人を介助するためにエレベーターに乗った生徒の靴袋がドアに挟まれ、指に掛けた靴袋の紐がエレベーターの下降と共に引かれて、指を切断したそうです。

靴袋の紐は弱そうに見えるのですが、思ったよりも強いみたいで事故を招きました。

同様の事故は海外でも発生しています

アメリカでは、犬の散歩に出かける時、犬をエレベーターの外に残した状態でドアを閉めてしまった男性が、エレベーターの上昇によってリードで引かれて手首を骨折する事故が起きています。

エレベーターのドアに縄跳びの縄や点滴のチューブ(病院にて)などが挟まれる事例は珍しくなく、大きな事故に繋がってしまうリスクは常に存在しています。

エレベーターのドアにはものを挟まれないように注意が必要

エレベーターが閉まりそうな時、手や足を入れて強制的に開けるひとがいます(僕も若い頃はやってました)が、危険ですね。一度ひとが挟まれてもドアが開こうとしないエレベーターがあって、慌てて開くボタンを押したことがありますが、それ以来センサーを信用しなくなりました。

今はセンサーが進化して、ひとがドアに近づくと自動で反転してドアを開けたり、紐状のものが挟まれたことを検知する能力も付いたと聞きますが、それでもそのセンサーが誤作動しない保証はありません。故障している可能性もあります。

やはり自分やこどもの安全を守るには、紐を含むものをエレベーターのドアに挟まれないように注意することが肝心です。ものは動きませんが、犬は急にエレベーターから出てしまう恐れもあります。犬を連れてエレベーターに乗る時には、極力奥まで進み、犬が外に出られないようにしてからドアを閉めると安全です。

 - 学校等, 安全, 小中高, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

たこ焼き
卵を使った露店の食品には注意が必要です
リオオリンピック
リオ・オリンピック 妊婦の観戦自粛の呼びかけ
首吊り禁止
首吊り注意 長い物には巻かれない
国道3号線
国土交通省は高速道路に路線番号を割り振る方針
エアバッグベスト
オートバイに乗るなら胸部プロテクターも必須
アカエイ
隅田川をアカエイの大群が遡上
粉ふき芋状態
粉ふき芋症候群は「あれ」を止めるだけで治ります
B52
アメリカの爆撃機 朝鮮半島に出動の緊張感
Insecam
Y!mobileが監視カメラ映像を公開中 Insecam
非常口
内閣府制作CG 南海トラフ巨大地震編・首都直下地震編
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。