あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

京都の小6 高校生の兄の大麻を吸引か

      2015/11/12

昨日から世間を騒がせている京都の小学生大麻事件(こちらの記事もどうぞ「止まらない京都の大麻汚染 今度は小学6年生」)ですが、今日自宅の家宅捜索が行われ、通信制高校1年生の兄(17歳)が逮捕されました。

京都の小6 大麻は兄の部屋で入手し、吸引か

小6が街中で大麻を買うとは思えず、年上の悪い友人などが吸わせたのだろうと思っていましたが、兄が部屋に隠し持っていた大麻を吸引していたようです。ただ、「今年9月、兄の机の上で大麻を見つけて4回吸った」と男児児童は供述していて、隠し持っていたという表現も当てはまりません。

今朝の家宅捜索で、

  • 微量の大麻草
  • 吸引器具

が見付かり、通信制高校1年生の兄は大麻取締法違反(所持)で現行犯逮捕されました。

男子児童は「今年9月、兄の机の上で大麻を見つけて4回吸った」と供述していますが、

  • 大麻草を見て、大麻草だと小学生が気付けるのか
  • 仮に大麻草だと分かったとして、吸引器具無しでどうやって吸ったのか
  • 仮に吸引器具とセットで机の上に出されていたとして、吸引器具の使い方が分かるのか
  • 仮に大麻草だと分かり、一緒に机の上に出ていた吸引器具の使い方も分かり、吸引したとして、4回も吸ったことを兄が気付かないようなことがあるのか

と疑問が残ります。

高いお金を出して、自分が吸う様に入手した大麻草を弟が4回も吸ったら兄はキレるのではないでしょうか。僕ならキレます。(大麻は考えにくいので、高いお酒か何かに置き換えて考えたとして、です)

本当のところは、兄と一緒に何回か吸って、事の重大さに気付かず小学校の教師に告白してしまったので、せめて兄を守ろうと兄に吸わせてもらったのではなく、机の上の大麻を勝手に吸ったと言っているのかも知れません。教師に大麻のことを告白して以来、毎日ドキドキして暮らしてきたかと思いますが、特に昨日、今日と大きな騒ぎになり、小学生には辛い時間になってしまったと思います。自業自得といういい方も出来ますが、他の人に危害・迷惑をかけるような犯罪とは異なり、自分の体を痛める行為ですから、この児童が必要以上に責められないことを祈ります。

児童の兄は10月の事情聴取では逮捕されずに済んでいます

10月に京都市山科区と伏見区で高校生が大麻の吸引で逮捕された事件で、この通信制高校に通う男子生徒(17)は事情聴取されるだけに留まっていました。

それが今回弟が教師に告白してしまったことで家宅捜査が行われ、部屋に残っていた微量の大麻と吸引器具を押収、そして現行犯逮捕されてしまいました。

兄からすればとんだとばっちりを受けた感じでしょうけど、前回逮捕を免れたことで十分に反省していれば大麻の残りも吸引器具も全て処分していたはずです。それが自宅に残っていたとすると、少し反省が足りず、この先更なる深みにはまっていった恐れもありますので、弟の失敗によって逮捕されることになった訳ですが、これで良かったのかも知れません。

大麻が麻薬のように体に悪いのか、それとも一部の国で合法化されているように、余り体には問題がないものなのかは別として、法律で禁止されている以上はそれを守らなければなりません。タバコも19歳も20歳も同じように思えますが、法律に従って20歳までは吸ってはいけないと思います。が、もし今回も逮捕を免れることが出来てしまうと法律に対する感覚がより一層おかしくなってしまう恐れがあるので、逮捕は良かったのでしょう。ですが、いじめ(暴行)や窃盗などと違い、他人に危害を加える犯罪を犯してはいません。更生のためには他の犯罪とは異なる特別な配慮が必要です。

京都市教育委員会は大慌て 緊急の校長会を招集

今回の問題を受け、京都市教育委員会は本日緊急の校長会を招集し、市内の全小中高と総合支援学校など約250校の校長に説明を行いました。

  • 薬物汚染防止には地域や保護者の連携が不可欠(京都市教育委員会幹部)
  • 喫煙が薬物使用に繋がる恐れが強い(京都府警幹部)

などについて話がされました。

確かにその通りです。でも、一言いわせてください。

「今更ですか?」

緊急の校長会を開いたところで何が出来るのでしょうか。全校集会?持ち物検査の強化?繁華街やガード下などの見回り強化?

対メディア、対世論用のデモンストレーションに過ぎないような気がするのは僕だけでしょうか。

なぜ喫煙するのか、なぜ大麻に走るのか、一度こどもの目線に立ってしっかり考えなければなりません。

あとがき

その後の捜査で、男子児童が兄の部屋にあったものが大麻であることを知っていたことが分かりました。

府警の聴き取りに対して、男子児童は、

  • 「兄に見つからないよう、ちょっとずつ4回吸った」
  • 「映画やインターネット情報から大麻かなと思っていた」

と話していたそうです。

そして、兄の部屋からは、吸引器具、大麻を削るグラインダー、巻紙など16点を押収されました。この大麻草を削るグラインダーに微量の大麻草が付着していて、それが大麻取締法違反(所持)に繋がりました。

映画でも大麻吸引のシーンはありますが、たいていは紙巻にして吸う感じです。果たしてやり方が分かるのだろうかと疑問に思います。

ただ、インターネットで検索する方法を知っていれば、色々調べることもできますし、紙巻や吸引器具の使い方もそこから知ることが可能です。それが出来れば、兄には全く知られずに、自分でこっそり吸うことも不可能ではありません。

そうなると兄の大麻の管理方法のずさんさに驚かされます。父親は、17歳の兄と12歳の弟が大麻を吸っていたことを全く知らなかったと言っています。机の上に怪しげな葉っぱともしかすると吸引器具が置いてあったかも知れないのに、それを父親が気付けないとするとそれが問題の根本だと思います。

京都の学校は今後どのようにして薬物などに関する教育を行っていくべきか頭を抱えています。そして神経質な保護者の中には学校が手をこまねいているのを非難する人も出るかも知れません。しかし、タバコについても、大麻などの薬物についても、本来は親がしっかりと教育を行うべき事柄です。また、教育だけではなく、こどもが薬物などに手を出していないか、目を光らせるのも親の仕事です。「こどもを大切にする=甘やかせる」ではなく、この辺りのことを厳しく教育・躾をすることがこどもを大切にすることだと僕は思っています。

僕のこどもには、薬物がどんなものであるかや使うとどんな風になってしまうのか、どんな時に薬物に手を出したくなるのか、について、小学生中学年の頃から話をしています。

こどもは何にでも興味を示します。それがいいものであっても、悪いものであってもです。こどもには何が悪いのか、どれほど悪いのか、すると何が起きるのか、を分かりません。それを教えてあげるべきです。

薬物に関しては、もっと家庭内でオープンに話をするべきだと思います。家庭内でタブー化していては、警察や学校がどれだけ厳しい対応をしても、薬物の蔓延を止めることはできません。

京都で今回の事件が起きているのも、問題の根本はそこにあります。そこに手を打たなければ、京都の持つ闇は更に深くなっていってしまいます。

 - 健康, 学校等, 小中高, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

サンマ
さんまを食べてブツブツ これってアレルギー?
靴底
靴と畳は新しい方がいい
電子体温計
水銀体温計は電子体温計よりも正確なの?
パスワード
パスワードヘンコウシテクダサイ Insecam事件
台風12号
台風12号 祇園祭の後祭中止の可能性
ガチョウ
毛皮のコートがダメで、ダウンジャケットはなぜいいの?
自撮り中の宇宙飛行士
ペルーでまた観光客が自撮り事故死 今度は滝で
予防接種
注射はこどもにとって大人よりも痛いのは本当なの?
窃盗犯
保育園の窓ガラスが割られ現金が盗まれる 愛知県岡崎市立宮崎保育園
JINS 花粉カット
キッズ用花粉対策メガネはJINSが一番
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。