あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

いっぺん蹴ってみやーち 生放送中の暴行で逮捕

      2016/07/01

タレントの宮地佑紀生さん 生放送中の暴行で逮捕

東海地方に衝撃。

すがきやの顔(?)とも言えるタレントの宮地佑紀生さんが生放送中の暴行容疑で愛知県警千種署に逮捕されました。

容疑は、1997年から続くラジオ番組「宮地佑紀生の聞いてみや~ち」の6月27日の生放送中、午後2時55分頃、タレントの神野三枝さんに対して

  • 左ひざを数回蹴る
  • マイクで唇を殴る

して、全治10日の怪我を負わせた疑い。

スタジオ内のテーブル越しに足を蹴って、お互いの前にあるマイクを顔にぶつけたという感じでしょうか。

神野三枝さんはゲストではなく、このラジオ番組では宮地佑紀生の相方。

被害届を出した神野三枝さんによれば、

「これまで威圧的な態度をとられることはあったが、暴力は初めて。」

とのこと。

  • 左ひざを数回蹴る
  • マイクで唇を殴る

とは言え、酷い打撲があったり、唇に◯針縫う怪我を負った訳ではないのは不幸中の幸いでした。

東海ラジオや事務所が入って仲裁に努めたものの、既に普段の態度(パワハラ的)に腹に据えかねていた神野三枝さんは色々考えた末、翌日の28日に被害届を出し、30日の逮捕に繋がったのではないかと思います。

キレる老人症候群(造語)の可能性

近年、ちょっとしたことでキレる老人が問題になっています。

宮地容疑者は67才。

バリバリに仕事をこなす67才はほとんど「壮年」で、老人と呼んでいいのかは微妙ですが、67才は生理学的にはそれなりの年齢なのは確かです。

加齢による脳機能の低下やLOH症候群(Late onset hypogonadism syndrome)の影響で、キレ易くなった老人が問題を起こし、警察沙汰になるケースも余り珍しくなくなってきました。

宮地容疑者のことは良く知りませんが、早口でまくし立てるタイプで、柔和な感じではなく、どちらかと言えば「イラち」なタイプだと思いますが、他人に暴力を振るような人とは思えません。

どんな理由であっても、他人に暴力を振るうことが悪いことは十分に理解しているにも関わらず、加齢による脳機能の低下で、感情の昂ぶりを抑えることができなくなり、今回の事件に繋がった可能性があります。

過去記事「たばこポイ捨て注意で小学生の首を絞める」で書きましたが、75才の男性がタバコのポイ捨てを注意した6才児に対して怒鳴ったり、首を締めたりするという暴行事件も発生しています。

昨日、総務省が発表した2015年国勢調査抽出速報集計結果によると、

総人口に占める65歳以上人口の割合が26.7%(調査委開始以降最高)

と、初めて総人口の4分の1を超えました。

宮地容疑者の逮捕は、名古屋の名物タレントの逮捕ということに留まらずに、これからの日本が抱える深刻な問題を示唆しています。

「キレるこども」については、研究も治療・教育もさかんに行われていますが、キレる老人には「困ったものだ」と言われるだけで、今のところ目立った動き(※研究は行われていると思いますが、対策等が社会的な動きにまではなっていません)はありません。

キレるこどもによる学級崩壊問題なども深刻ですが、人口の1/4を占める年代がキレることはそれ以上に深刻なのかも知れません。

伸びしろが大きいこどもや若者に比べると、加齢による高齢者の問題は出来ることが多くはないかも知れません。

ですが、今後高齢者が更に増え(僕も当事者)、年金に頼った生活ではなく、生涯現役で就労を続けるためには、うまく対処しなければならない問題の一つです。

脳の演算能力は脳トレなどでも改善できますし、働くこと自体で、脳機能が刺激され、維持される部分がありますが、感情を制御する部分の衰えは、脳トレや就労などでは改善も維持も難しいと思います。むしろ、意に沿わない分野での就労によるストレスで悪化する恐れさえあります。

今後の研究(または「ガッテン」)を期待しています。

それと僕自身が感情の制御機能の衰えがないか、改めて自分を振り返ってみようと思います。

宮地容疑者のキレたポイントが良く分かりませんでした

事件の起きた時の放送内容がアップされていました。

時間は2:00からです。

リスナーからお土産を頂いたことが原因なのでしょうか。

キレたポイントが良く分かりません。

きっと何か伏線もあったことでしょうし、外部からは本当のところは分からないかも知れません。

ただ、いずれにしても、暴行は犯罪ですし、職場で、しかも仕事中に、しかもその仕事が公共の電波で広範囲に放送されている中での行為には弁明のしようはないと思います。

そんな当たり前のことは理解されていたはずですが、理解していても、やってしまう。そこが怖いところです。

自分もこれからそんな年代に突入していきますので、十分に注意しなければと思っています。

 - 安全, 生活, 職場

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

バーベキュー
バーベキューのトングが原因で食中毒
生鶏肉
食中毒 鶏ユッケでカンピロバクター感染
大麻
止まらない京都の大麻汚染 今度は小学6年生
花火
花火大会 空からの落下物にも要注意
エナジードリンク
エナジードリンクで中毒死しないために
高温注意
水を飲ませず死のランニング 奈良市生駒市で中学生が死亡
甘い誘惑
知らない人からもらったものは食べません
回収箱
無記名にしたらセクハラ報告が激増 千葉市教育委員会の調査
スパムコメント禁止
総務省の迷惑メール情報提供用プラグインソフトは効果あります
予防接種
犬のフィラリアは人にも感染します
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。