あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

咳エチケットでインフルエンザの流行は防げます

      2019/06/12

インフルエンザ感染予防には、「手洗い」「うがい」「マスク」に加えて、近くで咳やくしゃみをされた時に「息を止める」ことが効果的です。(過去記事「息を止めてインフルエンザを予防」も是非!)

ですが、「手洗い」や「マスク」、そして「息を止める」必要が出るのは、ウイルスを撒き散らすキャリアが存在しているからで、やっぱり「臭いにおいは元から絶たなきゃダメ」ですよね。

役所や病院などに「咳エチケット」を訴えるポスターが貼られています。

もし全ての人が「咳エチケット」を守ってくれたら、インフルエンザは流行しなくなります。

そもそもインフルエンザ予防のために冬の期間ずっとマスクを着けていなければならないなんてどうかしています。

咳やくしゃみをする時だけ、ウイルスを含んだ飛沫を撒き散らさないように「咳エチケット」をするだけで済むはずです。

下の動画は何もせずにくしゃみをした場合に飛び散る飛沫です。飛沫をかけば汚らしさはだいぶん減りますが、飛沫とは

ウイルスを含んだ感染者の唾液(つば)や体液(たん)

職場、学校の教室、飲食店、電車・バスの中などなど、公共の場で「咳エチケット」無しに咳やくしゃみをする人は、単にマナーの悪い人ではありません。これはもう

バイオ・テロリスト(Bioterrorist)

バイオハザード

 

と言っても過言ではありません。

咳エチケットの具体的な内容

咳エチケットはほんと簡単。

  • 咳やくしゃみの際は他の人から顔をそむけ、1m(できれば2m)以上離れましょう。
  • 咳やくしゃみの際はティッシュ・ハンカチで口と鼻をおおいましょう。
  • ティッシュ等がない場合には、二の腕で口と鼻をおおいましょう。

これだけでインフルエンザのウイルスを撒き散らすリスクが劇的に減少するはずです。これを全員がすれば、もうインフルエンザの流行は無くなり、毎年高いお金を払ってワクチンを打つ必要も無くなります。

咳エチケットがどれほど効果があるのかが分かる動画があります。

やはりティッシュを使うと飛沫が飛び散るのを防ぐことが可能になります。

ティッシュが無ければハンカチ、ハンカチを出す時間もない場合は、顔を背けて二の腕で口鼻を覆いましょう。

二の腕を使う理由は、

  • ある程度の面積がある
  • 物や人に触れる可能性がほぼ無い

ためで、両手で覆って咳やくしゃみをした後に、何も触れずに手洗いが出来るのであれば、両手で口鼻を覆うのもOKです。水を救うように指をぴったりとくっつけておくと効果はMAXです。それでも、咳やくしゃみが出る時には他の人から顔を背けて、2m(難しければ1m)離れてください。

幼稚園・保育園や小学校で「咳エチケット」を教育してください

幼稚園・保育園や小学校でしっかりと「咳エチケット」を教育して、当たり前のことになってしまえば、幼稚園・保育園や小学校だけではなく、大人になってもインフルエンザの感染が劇的に減るはずです。

病院や役所にポスターを貼るだけでは、十分に浸透しません。

是非幼いうちから「咳エチケット」を当たり前のものにして欲しいと思います。

ですが。。。

トイレで用を足したら手を洗うことすら出来ていない人が大勢いる現状、「咳エチケット」は簡単そうに見えて、難しいのかも知れません。

バイオ・テロリストが街中に潜伏している以上、結局はウイルスに感染していない人が予防のためにマスクを着けるという状態は変わらないのかも知れません。

 

 

 - 病原菌

  関連記事

南知多の「まるは食堂旅館」が許容量超える大腸菌を含む排水を海に流す
心臓
風邪のウイルスが心臓に入ると突然死の可能性
子豚
日本脳炎はウイルスを豚が増幅して蚊が媒介します
カキ
ノロウイルスの感染は、人が先かカキが先か?
インフルエンザウイルス
インフルエンザ検査 陰性でもご注意ください
イチゴ
新鮮果物丸かじりで食中毒の可能性
蚊
蚊は家に入れない方が安全です
胃
ピロリ菌による萎縮性胃炎をがん化させないためにすべこと
きゅうり
きゅうりの食中毒は国産でも輸入でも起こります
いつもサンダル
何度完治してもぶり返すしつこい水虫
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。