あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

アナフィラキシーに注意 知らずに食べてるエンジ虫 

   

赤色の食品に含まれる「コチニール」「カルミン酸」と書かれた色素はエンジ虫というカイガラムシが原料です。その食品を摂取してアナフィラキシーショックを起こす可能性がありますので、注意が必要です。

エンジ虫

赤色の食品はエンジ虫由来かも

カンパリとファイブミニが有名ですが、他にもお菓子から化粧品まで使用されているものは多岐に渡ります。

「ハムやカニカマなども全てコチニール色素が使われている」と書かれた記事もありますが、全てではありません。トマト色素やパプリカ色素などを使っているものもあります。気になるひとは自分の目で確認した方がいいと思います。

避けた方がいいの?

アレルギーが心配な方は注意した方がいいかも知れませんが、可能性があるというだけで日本では報告がないようです。でも、重症化していないだけで、軽いアレルギーは起きている可能性はあります。含まれた製品を摂取して発作が出た場合は、「コチニール」「カルミン酸」が含まれた食品を摂ったことを医師に伝えましょう。

現在は低アレルゲンコチニール色素が開発済です

色素自体が問題ではなく、エンジ虫由来のタンパク質がアレルギーの原因であると考えられています。そこで特定のたんぱく質を除去した低アレルゲンコチニール色素が開発されていて、全てが低アレルゲンコチニール色素に置き換えられてはいないと思いますが、全体の安全度は上がっていると思われます。

もっと不安な赤色もあります

「赤色2号」と呼ばれる合成着色料で、正式名はアマランス。発がん性、妊娠率の低下、蕁麻疹などの危険性があるとされて、アメリカや北欧では食品への使用が禁止されています。

それが日本では結構使われています。

砂糖、ぶどう糖果糖液糖、蜂蜜、香料、酸味料、着色料(赤2)、甘味料(サッカリンNa)、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸)

某かき氷のシロップの原材料より

食品の裏書きは、カロリーと栄養素しか見ないのですが、時々色素にも注意した方がいいかも知れません。あと女性は化粧品にも注意が必要ですよ。

 - 健康, 生活, 育児, 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ピサの斜塔
旭化成建材による杭打ち不正問題
ムール貝
ムール貝を食べて記憶喪失
ベッド
どれだけ寝ても寝ても死にそうに眠くて仕方がない病気
毛染め
毛染めで重症のアレルギー
プール
東京サマーランドのプールで女性が切られる事件
JINSロゴ
こどものメガネはJINSで予備を作っておきましょう
LED
LEDに負けた蛍光灯 2020年に実質製造禁止
リャマ
マチュピチュで転落死 自撮り中に足滑らせる
窃視症
排水溝からスカートを覗いて連続逮捕されるのも窃視症の仕業です
大豆製品
こどもが豆腐を食べて金属アレルギー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。