あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

皮革製品中の猛毒6価クロム残留の有無について

   

金属のクロムは、土壌中にクロム単体または3価クロム(酸化数が3)の形で存在しています。3価クロムは人体の必須元素のひとつでもあって無害ですが、酸化数が6になった6価クロムは猛毒として知られています。少量でも皮膚炎や腫瘍の原因となり、発がん性物質であるとも考えられています。また、金属アレルギーを引き起こす原因の一つでもあります。

かつて、皮革をなめす工程で6価クロムを使用していたため、その靴を長時間履いたことによって6価クロムが汗で溶け出し、酷い炎症を起こしたり、金属アレルギーを起こして社会問題になりました。6価クロムの有毒性が認知されると、自然界にも存在する3価クロムが使用されるようになりました。

皮革中の6価クロムの存在可能性

今でも革ベルトや時計のベルトが原因で金属アレルギーになったと思われる例が存在しているそうですが、なめしには3価クロムが使用されており、その3価クロムは空気中の酸素では酸化しないため、皮革は安全だと言われています。

つい最近まで、皮革中の残存3価クロムを焼却すると6価クロムを生成するとして、不燃ごみとして回収している自治体がありました。(今でもあるかも知れません。)ですが、実際には焼却の過程で3価クロムは6価クロムを生成しないと考えられ、現在では殆どの自治体で可燃ごみとして収集・処理されています。

ですが、欧州化学物質庁(ECHA)がEU域内の皮革製品を調節した結果、

surveys have demonstrated that more than 30% of the tested leather articles contain chromium VI in concentrations above 3 mg/kg(試験した革製品の30%以上のものに3mg/ kgを超える濃度で6価クロムが含まれていることが調査によって実証されました)

ECHA Pressより抜粋

という結果も出ていて、なめす工程で3価クロムが6価クロムになってしまっているケースがあるのかも知れません。

革製品に素肌が激しく擦れることは避けた方が無難です

6価クロムでなめされた時代と異なり、なめしに使用された3価クロムの一部が6価クロムに変わった程度であれば、それ程の濃度ではなく、神経質になる必要はないでしょう。革製品を普通に使用するのは問題ないはずです。

しかし、汗をかいた状態で皮革製品と強く擦れたり、傷に触れたりするのは避けた方が無難です。素足に革靴を履いて、靴擦れが出来たり、足が蒸れることは、皮革中に6価クロムがあった場合のことを考えると危険です。

昔は革靴による金属アレルギーは男性に多いのが特徴だったそうですが、今は素足で革靴を履くのは女性(と石田さん?)ですので女性が心配です。女性に金属アレルギーが多く、その理由はピアスなどの金属製のアクセサリーとの接触だと言われていますが、もしかすると素足で靴を履いた時の靴擦れが原因にもなっているかも知れません。

乳幼児や敏感な方は非クロムなめしの皮革製品を使いましょう

3価クロムなめしの皮革製品も安全であると言われていますが、気になる場合は、クロムをなめしに使用していない皮革製品を使えば安心です。特に乳幼児が使用されるものの場合は、口に入れる可能性も考えなければなりませんので、安全安心な非クロムなめしの皮革製品がお勧めです。

 - グッズ, 健康, 化学物質, 生活

Comment

  1. kaT より:

    こわいですね。
    昨日買った海外製ジーンズのベルト通し(ブランド名が書いてある部分)が牛皮です。
    アトピーもちで、すれたらイヤなので、取ろうかと思いました。

    学生さんだと指定の靴が革靴という方も多いかと思いますが、
    夏場だと靴下はいていても汗かくから怖い気がします。

    ちなみに服や靴下などに擦れて付着したものは、洗濯で落ちて問題はないのでしょうか?
    教えて頂けると有難いです

    • bengals より:

      コメント、ありがとうございます。

      それは心配ですね。皮膚と強く擦れる可能性が低い場所ですので、そのままでも問題はないと思いますが、デザイン上気にならないようでしたら取ってしまうのが安心です。もし付けたままの場合は、洗濯などで濡れた状態の革の部分には手で触れないようにしてください。

      六価クロムは水溶性ですので、万が一靴の革に使用がされている場合、汗で溶出する恐れがありますので、直接皮膚が革に触れないように靴下を履かなければなりません。日本よりも靴文化の長いヨーロッパでは、靴下無しに靴を履くのはマナーが悪いとされる(なので、ちょいワルなイタリア人や石田さんが素足で履いたりするわけです)のも、靴下無しに靴を履いた場合の炎症を知っていてのことなのかも知れないと思えてきます。

      そんな水溶性の六価クロムですので、靴の革から靴下に移ったとしても洗濯すれば落ちると思います。靴下に移る六価クロムの量は微量でしょうから、一緒に洗う他の靴下への六価クロム移りは心配する必要はないはずです。

      現在ヨーロッパでは皮革製品に含まれる六価クロム量に厳しい規制を掛け、サンプル検査などを行っているようですが、中国から入ってくる一部製品に六価クロム残存量が基準値を超えたものが含まれているそうです。中国製の全てが悪い訳では決してありませんが、革は外見からは見分けが付かないために厄介な問題となっています。信頼がおけるブランドであっても、そのブランドに納品している業者が不正をすれば誰にも気付かれずに六価クロムを含んだ製品が日本に入り込む可能性があります。

      僕の家族は全員アレルギー体質なので、肌に直接触れる製品には

      ・ 革製品を避ける
      ・ タンニンなどの非クロムなめしをされた製品を選ぶ

      ように注意しています。

      腕時計のバンド、自動車のハンドル、カバンの持ち手、ジッパーのカバー(最近結構見かけます)など、ちょっとしたところに革が使われている製品もありますので、避けるようにするか、もし購入をされる場合はタンニンなめしをされた革製品を選ばれると安心かと思います。

      • kaT より:

        先日は解り易く教えて頂き、大変助かりました。本当にありがとうございました。
        (早くにお返事頂いたのに、お礼が遅くなりまして大変申し訳ありません)

        やはり心配なのでジーンズはタグ部分を取り外すことにしました。家族に金属アンルギー疑いのものもいますので、これから革製品購入の際はタンニンなめしを探してみます!

        私自身はアレルギーもですが、癌経験者なので結構な脅威です。みた目でわからないのが、益々こわいですね。

        夏場など素足で石田さんの男性が、多くなりますし、女性のサンダルにも多く使われてそうですし…実際うちにも怪しいサンダルがありますが、今年はお役御免にしようかと思っております

        30年父が使用し譲り受けた旅行鞄の持ち手(劣化していないのでおそらく皮かと)など、旅行ごとに持ち手~全体を軽く水ぶきしておりました。知らずとはいえ恐ろしいです。
        もしかすると、中に入れたものに移ってる可能性もあるのでしょうか?(殆ど洗えないものです)急に心配になってしまいました。

        • bengals より:

          こんにちは。

          こちらこそ、ご返信頂き、ありがとうございます。

          30年の使用に耐えた旅行鞄ということは、さぞしっかりされた作りのものなのでしょうね。

          ベルトのレザーパッチと異なり、鞄の場合は持ち手以外が強く皮膚に触れる可能性が低いと思いますので、持ち手を交換すればこれからも使うことができると思います。

          六価クロムは水溶性なのが厄介なところでもありますが、逆に水溶性ですので、水に濡れていない状態では、鞄の中に入れたものへ移る可能性は低いと思います。ただ、洗えないものとなると、万が一六価クロムが移った場合は、除去が難しくなってしまいます。

          その鞄の革がタンニンなめしをされていたり、クロムなめしはされているものの六価クロムが含まれていなかったりする場合は、問題なく使用することができる訳ですので、一度そこを調べてみるのも手だと思います。

          六価クロム検出用試薬が販売されていますので、それを使って六価クロムの有無を調べれば、今後安心して使用することができると思います。また、スプレーすることで六価クロムを無害化する「6価クリアー」という商品も使用されていますが、通常は溶接スラグ、クロムメッキ廃液、土壌に含まれる六価クロムを無害化するために使用されますので、皮膚に触れる恐れがある製品に使用できるかどうかは不明です。購入に際しては、事前に業者へ確認することをお勧めします。

          お役に立てましたら幸いです。

          今週は暑い日が続いています。くれぐれもお体にはお気をつけください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

BB-HCM511
FSP大阪の監視カメラ映像が公開されています Insecam
バイオハザード
チャドクガの毒針は「庭の生物兵器」
Windows 10
Windows 10へのアップグレードでOS爆死 タダより高いものはないのかも
テニス
こどものテニススクール通いに潜むリスク
林
東京都日野市の小4変死 事故死と結論か
Insecam
Insecamに登録されたカメラ件数が1793件になりました
きゅうり
きゅうりの食中毒は国産でも輸入でも起こります
Windows 10
マイクロソフト社が仕込んだ時限爆弾にご注意ください。
電気柵
獣避け電気柵 触ってないのに感電死する恐れ
ウイテマテ
水難事故では救助を浮いて待て(UITEMATE)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。