あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

こどもの靴 サイズは合ってますか

   

こどもの足は親が思う以上のスピードで成長しています。本当はジャストサイズを履いた方がいいんですが、ちょっと大きめの靴を買ってしまう方も少なくはないでしょう。でも、ちょっと大き目を買ったはずでも、もう靴がパンパンになっているかも知れませんよ。「はっ」とされた方、学校から帰ってきたら靴をチェックしてみましょう。

小さな靴は足の骨の成長に良くありません

足は第2の心臓と言われる重要な場所。しかも、この先80年近く歩んでいかねばなりません。服は大き過ぎても、小さ過ぎても、余り骨の成長には影響しません(小さ過ぎると今話題のスキニージーンズのように影響はあるでしょう)が、靴は直ぐに影響が出てしまいます。

そんな重要な靴ですが、靴が小さくなったかどうかがこどもの自己申告になっていることが多いですよね。こどもによっては未だ小さくないのに小さいと言ったり、凄く小さいのに未だ大丈夫と言ったり、正確性を欠きます。大人でも自分の靴がジャストサイズなのかどうかは店員にアドバイスをもらったりする位ですから、こどもには分からなくて当たり前です。

一番いいのは靴屋に行った際に店員にサイズを見てもらうことです。こども靴専門のシューフィッターがいる店なら完璧ですが、そうでない場合でも靴屋の店員は頼りになります。

もし靴屋に行く機会がなかなか無い時は、靴の中敷きを取り出して、中敷きについた指の跡がどの位までいっているかを見ましょう。余り先端に来ているようでは、買い替えた方がいいかも知れませんので、早めに靴屋でシューフィッターのアドバイスを受けましょう。中敷きの先から指先まで1センチ程度の空きがあれば未だ大丈夫かも知れません。でも、思っている以上にこどもの成長は速いので、次の機会には靴屋で見てもらいましょう。

下履きだけではなく、上履きも要注意です

いわゆる下履きの運動靴は親がサイズを見ることも出来ますし、早いサイクルで傷んでも行くため、買い替えが遅くなることが比較的小さいかも知れません。ですが、上履き(特に体育館シューズ)は家で見る機会も少なく、販売している店も少ないため、気が付けば足が非常に窮屈な状態で詰め込まれてしまっている場合があります。

下履きの運動靴を買い替えるサイクルに合わせて、上履き(体育館シューズも)も買い替えるとサイズ合わせが楽になりますよ。

靴のお下がりは絶対に止めましょう

「お下がり」という文化は素晴らしいと思います。エコですし、物を大切にする気持ちを育みます。

でも、靴のお下がりは絶対に止めましょう。サイズがジャストでも非常に危険です。綺麗に見えても、靴には履いたひとの癖が必ず付いています。その癖に合わせて関節が無理をして、痛みや酷い場合は炎症を起こします。(僕の義理の母はそれが原因で膝を痛め、人工関節を入れています)

式用の黒い靴など、数回短時間だけ履いたものだけはかろうじてお下がりもOKですが、それ以外のお下がりはこどもの将来の為に止めてあげてください。

予めカレンダーに靴屋へ行く予定を書き込みましょう

シューフィッターと相談して、こどもの成長度合いから靴が小さくなる時期をカレンダーに書き込んでおくと安心です。毎日忙しいのでこどもの靴のサイズまで気が回らないこともあるでしょう。でも、こどもに任せきりにするのは不安です。

ですので、予めカレンダーにサイズが小さくなるだろう頃に印を入れておき、その頃に靴屋へ行くようにすると簡単ですし、安心です。こどもが自分の靴のサイズ管理ができるようになるまでには長い期間が必要ですが、何とか頑張ってこどもの大切な足を守ってあげましょう。

 - グッズ, 健康, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

飛び込み
川や滝への飛び込みは死ぬほど危険
年賀状
学校に書き損じハガキを出すのは考え直した方がいいかも知れません
覗き窓
ドアスコープ(のぞき窓) 逆覗き防止グッズ
黄色ブドウ球菌
めんちょう(面疔)触るとほんとに死ぬの?
自撮り中の宇宙飛行士
ペルーでまた観光客が自撮り事故死 今度は滝で
保育施設
大阪市淀川区の「たんぽぽの国 東三国園」で1歳児が死亡
ラム君
へーベルハウスの強さ 東日本豪雨の洪水を耐えた白い家
キャベツ
キャベツの千切りは胃腸薬レベル 最強のスライサーはこれ
ガス注意
ガスパン遊びは超危険 一呼吸で命を落とす危険性があります
ゾンビ
悲報 腸炎ビブリオ死すとも耐熱性溶血毒は死せず
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。