あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

消石灰使用中に失明する事故が起きています

   

消石灰、またの名を水酸化カルシウム。グランドに引く白線として有名ですが、農業や家庭菜園をされている方には土壌作りに欠かせない物でもあります。使われている方、保護メガネしてますか?

目に入ると失明する場合があります

消石灰は水に溶けると強いアルカリ性になるので、付着すると皮膚や粘膜を痛めます。万が一目に入ると結膜や角膜を損傷して、目に障害を負う恐れがありますので、すぐに強くない流水で消石灰を洗い流して、緊急で眼科を受診してください。

※強くない流水で洗い流す理由は、損傷を受けた角膜などが水流で更に傷付いたり、流れてしまうのを防ぐためですので、絶対に守ってください。

農作業中に転倒して持っていた消石灰をかぶってしまい、失明する事故も発生しています。消石灰を扱う時には、保護メガネの着用は必須です。

注意してもちょっとしたことで舞い上がります

非常に細かい粒子なので、使用する時に袋から容器に移そうとした時に舞い上がったり、風で舞い上がったり、取扱に注意していても目に入るリスクがあります。

目に入るだけではなく、吸い込めば粘膜を傷付けるリスクもあります。

細心の注意を払うことは勿論ですが、取扱時には保護メガネとマスクの着用をしなければなりません。

保護メガネの着用率がイマイチです

消石灰に限らず、目を傷付ける恐れがあるものを取り扱う際に保護メガネをかけない方がまだ大勢います。「買わないとね」と思っていてもついつい忘れてしまう感じではないかと思います。またせっかく買っても面倒で「今回はいいや」と思ってしまったり。

注意一秒、怪我一生

消石灰を撒くような、目を傷付ける恐れがある作業を行う時は、実際に失明された方がいることを思い出して、必ず保護メガネをかけてくださいね。自動車事故を完全に防ぐことは出来ませんが、この事故は保護メガネをかけるだけで完全に防げますから。

 - 保育園・幼稚園, 化学物質, 学校等, 小中高, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

高齢運転者標識
暴走老人による事故 小4女児が意識不明
化膿レンサ球菌
水道が劇症型溶血性レンサ球菌で汚染されていると脅す詐欺メール
セーラー服
キングオブコメディ 女子高生の制服を盗んで逮捕
高温注意
庭のホースから出た熱湯で火傷
ハミガキ
歩きハミガキは歩きスマホよりも危険です
危険にさらされる個人情報 防犯カメラ映像の悪用にご注意を
エキノコックス
北海道のキタキツネと言えばエキノコックス
クマ
問題を起こす新世代グマは「ゆとり世代」かも
深海魚
異常脂質の深海魚に注意しましょう
日除け
運転席横のウィンドウに日除けは付けられません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。