あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

フラッシュライト・懐中電灯の電池の確認をしましょう

   

最近はなかなか停電することがありません。それはそれでいい事なんですが、停電時に備えて買ったフラッシュライト・懐中電灯がいざという時に電池切れになっているかも知れません。

フラッシュライト・懐中電灯は定期的に使っておきましょう

完全に「防災用」としてしまっておくと、いざという時に

  • 電池切れ
  • 電池の液漏れ

を起こして使えないなんてことが起きるかも知れません。

定期的に点検をする必要がありますが、「定期的に」は忘れてしまいがちですので、それよりも普段から

夜のウォーキング

などで使用するようにしておくと安心です。

電池をライトから出して保管すると持ちが良くなります

すぐに使えるようにしておくのも良いですが、簡単に電池の出し入れができるタイプの場合は、ライトに電池を入れずに、一緒に保管しておけば自然放電を抑えられ、いざという時に電池切れになるリスクを減らせます。(※外していても、電池は自然放電・劣化を続けますので、使用期限には注意しましょう)

電池をエネループにしておけば5年後でも直ぐに使えます

エネループは進化を続け、更に自然放電を抑制できるようになり、5年後でも直ぐに使用できると謳っています。(※試してはいませんが、Panasonicを信じています。)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【あす楽対象】 パナソニック BK-3MCC/8 【単3形ニッケル水素充電池】 …
価格:1641円(税込、送料別) (2016/9/12時点)

いつ使うかどうか分からない防災用フラッシュライト・懐中電灯用にエネループを割り当てるのは少し勿体無いですので、常に数本の予備のエネループが手元にある状態で、

先入先出法

で運用をしていけば、いざという時に予備のエネループを使用することができます。

我が家では常時

  • 単3:4本
  • 単4:4本

の予備を置いてあります。

もし使用しているエネループが切れたら、予備から補充し、切れたエネループを充電して、充電が終わったら予備に戻します。

震災後に電池の買い占めが起きたことがありますが、事前に準備しておけば、いざという時に焦らずに済みますよ。

単1電池が必要な場合に備えて、単3を単1に変換するアダプターも用意しておくと便利です。

フラッシュライト・懐中電灯で単1を使わない場合でも、ガスコンロなど滅多に電池切れを起こさない場所で単1が使われている場合もありますので、注意が必要です。(※せっかくプロパンガスを使っていても、ガスコンロの単1電池が切れると使えません。)

10年以上前に買ったSUREFIREが倉庫から出て来ました

先日、倉庫を整理していた時に、10年以上前に買った

SUREFIRE E2d DEFENDER

が出て来ました。

E2d DEFENDER

E2d DEFENDER

段ボール箱に入っていたので、箱の日焼けなしの美品。

現在E2d DEFENDERはLED化されていますが、この頃はLED化されるなんて想像もしていませんでした。

僕のE2dはわずか60ルーメン。一方、E2d LED DEFENDERはなんと500ルーメン。隔世の感がありますね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SUREFIRE E2D LED ディフェンダー ウルトラ E2DLU-A
価格:48924円(税込、送料別) (2016/9/12時点)

LED化されましたが、バッテリーは今も昔もリチウム電池123A×2個です。

使用されているリチウム電池は、10年の長期保存が可能で氷点下でも使用可能で、フラッシュライトには最適の電池です。

ただ、お値段高め。それだけが残念です。

「リチウム電池は10年以上の長期保存が可能」

と言われていますが、実際にはどうでしょうか?

開封の儀。

と言ってもテープを切るだけ。

バッテリーは別途付属と思っていましたが、ライト内に装填された状態でした。

バッテリーを出すと、SF123Aの文字。

これはSUREFIRE純正の123A電池。一般のリチウム電池よりも電池の容量が大きめとのこと。

E2dバッテリー

ただ、使用期限が2014年7月になっているので、不安もあります。

E2dバッテリー

スイッチを押すと、点きました!ですが、若干暗め。でも、役には立つレベルです。

12年経ってもリチウム電池は使用できました。しかも、フラッシュライトの中に装填されたままの状態で。

バッテリーが高めなので、運用に若干コストがかかります。

普段使い用には

  • エネループ・単3
  • 充電式

を使うとして、災害時用に別途フラッシュライトを買う場合、放置しておいてもバッテリー上がりの心配の少ないリチウム電池を使用するフラッシュライトを配備するのもいいと思います。(※ただ、取り扱い説明書には、運搬や保管時にはバッテリーを取り外すように書かれていますので、リチウム電池式にして、電池は外して保管するのがおすすめです。)

 - グッズ, フラッシュライト, 防災グッズ, 電池

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

グーグルカレンダー
結婚記念日の管理もGoogleカレンダー
カメラ
大阪府立久米田高校教諭が逮捕 清水寺で盗撮容疑
タイメックス キャンパー
NHK杉浦友紀アナウンサーの腕時計
Chrome
chromebook ASUS C300 開封の儀
Insecam
京都の繁華街にある監視カメラ映像が流出しています Insecam
カシオ
それほどタフじゃない? CASIOのタフソーラー
Insecam
監視・防犯カメラへの不正アクセスに注意してください
Insecam
Insecam問題 ウイルス「Mirai(ミライ)」感染にも要注意
ウインドウズ10
Windows 10 タッチパッドでスクロールできなくなる問題
会社のパソコンで株を取引して降格
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。