あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

ベビーシート、どこにつけてますか

      2015/07/06

運転席の後ろや3列シートの中央に設置されている方、正解です!

死亡率がいちばん高いのは助手席です

左側通行の日本では、

  • とっさの危険回避で運転者は自分を守るようなハンドル操作を取ってしまう
  • 道路の左側はブロック塀、ガードレール、電信柱などの強固なものが多い
  • 右側に乗った運転者には左側が確認しにくく、衝突の危険性が高い

上のような理由から助手席の死亡率が高くなっています。(アメリカなど、右側走行の国では逆になります。)

ベビーシートがふくらんだエアバッグに吹き飛ばされるリスク

後ろ向きのベビーシートの場合、後方からエアバッグがベビーシートに当たり、頭部や頸椎を損傷するだけではなく、ベビーシートごとあかちゃんを吹き飛ばしてしまう恐れがあります。

国土交通省は「やむを得ず助手席に取り付ける場合は、エアバッグから遠ざけるため、助手席のシートを一番後ろに下げ、チャイルドシートを前向きに取り付けて使用してください。」と使用方法を推奨しています。

ベビーシートを前向きにつけても残るリスク

衝突時に飛散したフロントガラスがこどもの上に降ってきます。しかも、そもそも助手席は死亡率が一番高いシートです。降ってくるガラス以外にも、ありとあらゆる危険があります。

ベビーシートは運転席の後ろか3列シートの真ん中に設置しましょう

絶対に助手席へ後ろ向きで設置しないでくださいね。

目の届きやすい助手席に、顔が見える後ろ向きで設置したくなる気持ちも分かります。後部席でぐずったら大変ですもんね。ですが、大切なこどもの命がかかっていることを忘れないでくださいね。

 - ドライブ, 交通安全, 生活, 育児, 自動車

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

医師
セカンドオピニオンは健康保険が使えず自費診療になります
浴室
風呂場のカビを殺す最強の方法
ヘルメット
ヘルメットの耐用年数
交通事故
衝撃 チャイルドシート不適切着用の死亡率は適切着用の52倍
マリファナ
高樹沙耶さん 大麻所持容疑で逮捕
洗濯物
洗濯物の生乾き臭を防ぐ工夫
生体認証スキャナー
写真公開時は虹彩と指紋にご注意ください
進入禁止
高速道路のサービスエリア駐車場は一方通行なのか?
骸骨
骨までダイエットしてませんか
キー
鍵はメーカーと鍵番号が分かると複製が可能になります
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。