あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

イッテQへの苦情10分で1000件

   

ベッキー最後のイッテQ 苦情10分で1000件

スポニチアネックスによれば、「ベッキーがレギュラーを務めているゴールデンタイムのバラエティー」を放送した局に対して10分間で1000件の苦情が届いたそうです。全体で何件の苦情があったのが気になります。

苦情の内容としては、

  • 教育上よくない
  • 騒動について子供にどう説明すればいいんだ
  • 不倫中の人を子供に見せるな

などで、こどもを持つ主婦層からの苦情が多いようです。

今までスキャンダルが無かった優等生ベッキーはたった一回の過ちで芸能界から抹殺されんばかりの勢いです。週刊誌、スポーツ新聞、ネットがこぞって「今回の休業が実質的な引退」という内容の記事を書いていますが、そう書かれてしまうことで本当に復帰への道は閉ざされてしまうかも知れません。

苦情の電話をかけた人は品行方正で完璧なのでしょうか

  • 教育上よくない
  • 騒動について子供にどう説明すればいいんだ
  • 不倫中の人を子供に見せるな

と苦情の電話をかける気持ちも分からないでもないですが、そんな電話を掛ける位なら、こどもにも分かる言葉で真実を伝える方がよっぽど教育になると僕は思います。

今の時代は「お伽話」のようなキレイ事だけでは生きていけません。こども達はこども達なりに「ふりん(不倫)」という言葉も理解していますし、「不倫は悪いことだけど、時と場合によっては仕方がない場合もある」ということもこどもなりに理解しているかも知れません。

ここは変に隠すのではなく、オープンに

  • 何が悪かったのか
  • ベッキーはどうするべきだったのか
  • 自分だったらどうするか

をこどもと話し合って、勉強の機会にした方がよっぽど建設的だと思います。

どうしてもこどもに見せたくないのであれば、事前にベッキーが出る最終回になるだろうという情報があった訳ですから、番組を見せなければ良かったのではないでしょうか。

ベッキー擁護派ではありません

こんなことを書いていますが、ベッキーのファンでもないですし、擁護派でもありません。

そもそもベッキーは「元気いっぱい」というイメージで売ってきましたが、色々な番組を見ていると、結構陰の部分があるのが分かって、無理して頑張っているなって感じていました。なので、ファンではないですが、凄いなぁと思って見てました。

イッテQのロケ先で酔っ払ってクダを巻くシーンでは、結構素のベッキーが出ていたんじゃないかって思います。

それを常にポジティブな言葉を発して、常に笑顔で、常に清廉潔白であり続けるというのは、かなり無理を強いられていたのだと思います。30を過ぎて、代表作は眼鏡市場の「ゼログラ」のCMだけっていじられていましたが、実際それほど間違ってはいなくて、ベッキー自身も今後の身の振り方を考えていたりしたのではないでしょうか。ブームは要らないから「トゥーーーーーーーーーー」ってやって行きたいと言っていましたが、それも難しい状況になってしまいました。

そんな時に恋愛をした訳ですが、それ自体がベッキーの心の支えになってくれれば寧ろ良かった訳ですが、恋に落ちた相手がゲスだったというのは本当に不幸でした。

  1. 最初は独身だと嘘をつく
  2. 交際を始めてから、妻と別れたいのだけど別れてくれなくて困っていると告白
  3. 必ず君と結婚するからと言われて、ずるずる交際

というパターンは、ベッキーに限ったことではなく、世間にはゴロゴロ転がっているはず。

仕事で心身ともに疲れ切ったベッキーは、既にタレント「ベッキー」として正常に仕事上の判断をすることが出来ず、彼が卒論を出すのを待ってしまい、それを暴露され、ジエンドとなりました。

好きになって、結婚の約束までしてしまったりした後に

「実は離婚の手続きをしている妻がいて僕も苦しい。」

なんて告白されて、「じゃ、バイバイ」って別れられる人がどれほどいるのでしょう。ベッキーは被害者ではあっても、ここまで叩かれるほどのことはしていないと思います。「お伽噺」の世界にはないかも知れませんが、現実世界では日常茶飯事のことです。元モー娘。の矢口さんの件こそ本当にどうしようもないと思うのですが、その比ではないほどのベッキーの叩かれ度合いはどうしてでしょうか。

ちょっとだけ政治的な臭いもします

政治と言っても本当の政治ではなくて、芸能界の中とスポンサー契約をしている企業とかです。

今回のスキャンダル以前から、ベッキーは旬を過ぎた感があって、イッテQでもロケにも余り行かず座っているだけのベッキーがどうしてレギュラーなんだという話がネット上にありました。

そんな旬を過ぎた感が否めないベッキーを切ろうにも、サンミュージックさんとの関係を悪くしたくないしという人達にとってはちょうどいい機会だったのかも知れません。

そして「ゲスの極み乙女。」にとってはいい宣伝の機会にもなりました。意図していなくても。

騒ぎが大きくなることは、利益を保全したい、または利益を得たいという人達には都合のいいことでしょうから、苦情の電話には工作員が紛れているかも知れません。

そんな色々な人達の思惑にベッキーは翻弄されています。

事務所は大損害かも知れませんが、タレントを管理するのは、マネージャーや事務所の責任でもある訳で、ベッキー一人が矢面に立っている状況は良くありません。そもそも「こりん星」並に無理なキャラ設定で疲れ果てさせた責任も事務所にはある訳ですから、もう少しタレントの保護に力を入れて欲しいなどと勝手に思っています。

自分の考えが絶対に正しいとは思ってはいません

以上は自分の考えで、絶対に正しいと思ってはいません。限られた情報から推測しています。

間違っているかも知れませんが、それぞれが思っていることをこども達に説明する方が、

  • 教育上よくない
  • 騒動について子供にどう説明すればいいんだ
  • 不倫中の人を子供に見せるな

と苦情の電話を入れたり、番組をこどもに見せないようにするよりもずっとマシだとは思います。(苦情の電話を入れることを完全に否定している訳ではありません。)

この世の中は「お伽話」ではなく、こども達はネット上で拾った情報でこども達なりに理解しようとしています。情報の取捨選択が正しくできない年齢のこどもだと間違った結論に至ってしまう可能性があります。そうならないように、適切なことばで親がこども達に説明をしてくれることを期待しています。

あとがき

1月31日放送のイッテQは、視聴率が上がって19.9%(前4週17.4%)だったそうです。皮肉なものです。他の番組も軒並み視聴率が好調だったとデイリースポーツが報じています。

しっかりと「禊」を終えて、素のキャラで復帰できることを祈っています。

 - 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヘルメット
ヘルメットの耐用年数
情報セキュリティ
JTBグループから790万人分の個人情報流出事件
IQ Anker
モバイルバッテリーとUSBカーチャージャーで災害に備えましょう
いじめ反対
隠蔽か 県立奈良北高等学校のいじめ自殺事件
蚊と網戸
網戸に蚊道ができてませんか
カキ
ノロウイルスの感染は、人が先かカキが先か?
巨椋池
京都の巨椋池(おぐらいけ)を知ってますか
サシガメ
鼻を刺すような臭いだけじゃないサシガメ
NOスパム
有料動画料金が確認取れません SMSスパム
Chrome
chromebook ASUS C300 開封の儀
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。