あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

3.11から今日で5年が経ちました

   

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震から5年が経過しました。

日本中が追悼の気持ちで溢れています。

3.11以降で防災の備えは変わりましたか

被災された地域では大きく変わったと思います。

被災されていない地域の場合、防災の備えは重要だと理解しながらも、防災への備えが変わっていない場合も少なく無いかも知れません。

都市部では帰宅難民の問題について、一時期盛んに備えをすべきだと言われていましたが、最近ではだいぶんトーンが落ちてきたように感じます。

事業所内では、就業時間中の被災に対する備えは出来ているでしょうか。

個人でスニーカーなどの底の厚い靴を事業所に備えるなどしていますか。

非常時の連絡方法は確認していますか。

自宅では水や食料などの準備は万全ですか。賞味期限は切れていませんか。

電池の予備はありますか。

自宅に一番近い避難場所はどこか知っていますか。

この機会に防災について見直しませんか

日本にとって今日は特別な日です。

でも、明日からはまた普通の毎日が始まります。

犠牲となった方への追悼の気持ちや被災地を応援・支援する気持ちは決して薄れはしないものの、それを自分たちに置き換えて、防災について考える機会はそれほど多くありません。

是非この機会に、家庭や職場での防災の備えについて見直してみませんか。

我が家では、奥さんが阪神・淡路大震災で被災しました。その妻の影響で僕も防災士の研修を受けました。それでも、普段の災害に対する備えには反省すべきところがあります。

今晩は家族で防災について話し合う時間を持ちたいと思います。

 - 防災

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

緊急地震速報 なまず
緊急地震速報 三重県南東沖でマグニチュード6.1の地震
ウイテマテ
水難事故では救助を浮いて待て(UITEMATE)
高千穂峡
Insecamの功罪 高千穂峡ライブカメラ映像をPR
フラッシュライト
大地震対策 枕元にスリッパとフラッシュライト置いてますか?
rain symbol
長崎県五島市などで50年に一度の記録的大雨
洪水
自動車は水没する前にマイナス端子をバッテリーから外しましょう
ラム君
へーベルハウスの強さ 東日本豪雨の洪水を耐えた白い家
大谷石の像
超危険 倒壊する大谷石塀には近づくな
雷
雷雲接近中
bosai
平成28年(2016年)熊本地震とハザードマップ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。